F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   群れから抜け出すのはどこ!?

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

群れから抜け出すのはどこ!?

“切れ者”のザイドルが、2023年F1GPの鍵を握っている!?

セカンドグループの戦いも2023年の大きな焦点だが、レッドブル、フェラーリ、メルセデスに続くのは、どこか。

まず、注目したいのはスイスのザウバーだ。ザウバーは現在、アルファロメオとしてF1に参戦しているが、アルファロメオとの契約は2023年一杯で終了、2026年からは、F1に参入するアウディのワークス・チームになることになっている。

そして、ここでキーになるのは、ザウバーに移籍するアンドレアス・ザイドルだ。

ザイドルは、マクラーレン代表就任前に、アウディと同じフォルクスワーゲン・グループ傘下のポルシェでFIA世界耐久選手権(WEC)のLMP1プロジェクトを指揮し、さらにそれ以前にザウバーでF1エンジニアを務めていた。つまり、移籍というより復帰と言った方がいい。勝手知ったる古巣への復帰は小さくない意味がある。

そのザイドルの跡を継いで、アドレア・ステラがマクラーレンのチームプリンシパルに昇格するのも大きなポイントだ。

ステラは、2015年に、14年間在籍したフェラーリから、エンジニアとしてマクラーレンに移籍し、エグゼクティブディレクターを努めていた。

ステラを迎えるマクラーレンのザク・ブラウンCEOは、「ステラは以前からチーム代表の第一候補だった」とコメントし、以下のように続けた。

「アンドレアス(ザイドル)は、いい仕事をしてくれていたが、次のビジネス・チャンスに向けての方向転換ために体制を強化し、ステラが加わる中心メンバーと今後を考えていきたい」。

一方で、ザウバーのCEOに就任するザイドルは、実はザウバーで、F1だけでなくテクノロジービジネスも統括する。

「1月からザウバー・グループに参加できるのは素晴らしいことだ」とザイドル。

「ヒンウィルのチームは、F1での歴史が長い。そこで4年間働いていたので、チームの様子はよく分かっている。ザウバーの仲間たちと野心的な目標を目指すのを楽しみにしている。声をかけてくれたフィン・ラウジング・ザウバー会長とザウバー・グループのメンバーの信頼に感謝し、恩返したいと思う」と期待のコメントをしている。

アンドレアス・ザイドルは、メーカー側とF1チーム側で経験を積んでいる。その“事情”を知っていれば、大きなポテンシャルが加わるザウバーに、ザウバーの本拠地であるスイスのヒンウィルのメンバーと同じように、期待をかけかくなるのは、当然の既決になる。

【STINGER】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER