F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ライブタイムメモ/2023rd11/イギリスGP/フリー走行1/シルバーストン/ノーザンプトン/イギリス/フリー走行1

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ライブタイムメモ/2023rd11/イギリスGP/フリー走行1/シルバーストン/ノーザンプトン/イギリス/フリー走行1


<12時30分>(日本時間20時30分)
シルバーストンは快晴。降水確率は0%の絶好のグランプリ日和となっている。
とはいえ、イギリスは、あっと言う間に一転にわかにかき曇り、土砂降り、ということもめずらしくないが、今回はその心配もなさそうなほど空は高い。

<12時37分>(日本時間20時37分)
開始早々、“いつもの序列”になっている。
1.フェルスタッペン+レッドブル
2.ハミルトン+メルセデス
3.ラッセル+メルセデス
4.ルクレール+フェラーリ
5.デ・ブリース+アルファタウリ
6.マグヌッセン+ハース
7.ガスリー+アルピーヌ
8.サインツ+フェラーリ
9.オコン+アルピーヌ
10.フルケンブルグ+ハース
11.ノリス+マクラーレン
12.角田裕毅+アルファタウリ
13.ストロール+アストンマーチン
14.ペレス+レッドブル
15.アルボン+ウィリアムズ
16.アロンソ+アストンマーチン
17.ピアストリ+マクラーレン
18.サージェント+ウィリアムズ
19.周冠宇+アルファロメオ
20.ボッタス+アルファロメオ

<12時45分>(日本時間20時45分)
トップはフェルスタッペン+レッドブルのままだが、サインツ+フェラーリ→ストロール+アストンマーチン→ルクレール+フェラーリに角田裕毅+アルファタウリが続いている。

<12時48分>(日本時間20時48分)
角田裕毅+アルファタウリが3番手へ。

<12時50分>(日本時間20時50分)
角田裕毅+アルファタウリが一時3番手にいるが、フェルスタッペン+レッドブル→ルクレール+フェラーリ→サインツ+フェラーリに次ぐ4番手。今回アルファタウリは大幅なアップデイトを投入しているが、それが“当たり”となって期待を煽ってくれている。
1.フェルスタッペン+レッドブル
2.ルクレール+フェラーリ
3.サインツ+フェラーリ
4.角田裕毅+アルファタウリ
5.ストロール+アストンマーチン
6.ハミルトン+メルセデス
7.ガスリー+アルピーヌ
8.オコン+アルピーヌ
9.マグヌッセン+ハース
10.ラッセル+メルセデス
11.デ・ブリース+アルファタウリ
12.ボッタス+アルファロメオ
13.ノリス+マクラーレン
14.ペレス+レッドブル
15.フルケンブルグ+ハース
16.アルボン+ウィリアムズ
17.アロンソ+アストンマーチン
18.ピアストリ+マクラーレン
19.サージェント+ウィリアムズ
20.周冠宇+アルファロメオ

<12時57分>(日本時間20時57分)
サージェント+ウィリアムズが3番手に!
1.フェルスタッペン+レッドブル
2.ペレス+レッドブル
3.サージェント+ウィリアムズ
4.ルクレール+フェラーリ
5.ストロール+アストンマーチン
6.サインツ+フェラーリ
7.角田裕毅+アルファタウリ
8.アルボン+ウィリアムズ
9.ハミルトン+メルセデス
10.ボッタス+アルファロメオ
11.ガスリー+アルピーヌ
12.オコン+アルピーヌ
13.ノリス+マクラーレン
14.マグヌッセン+ハース
15.ラッセル+メルセデス
16.周冠宇+アルファロメオ
17.デ・ブリース+アルファタウリ
18.フルケンブルグ+ハース
19.アロンソ+アストンマーチン
20.ピアストリ+マクラーレン

<13時00分>(日本時間21時00分)
角田裕毅+アルファタウリがソフト・タイヤでアタック開始。

サインツ+フェラーリが最速、角田裕毅+アルファタウリは、2台のレッドブルに次ぐ4番手へ。

1.サインツ+フェラーリ
2.フェルスタッペン+レッドブル
3.ペレス+レッドブル
4.角田裕毅+アルファタウリ
5.サージェント+ウィリアムズ
6.ハミルトン+メルセデス

<13時14分>(日本時間21時14分)
タイムが目まぐるしく更新されている。
1.ルクレール+フェラーリ
2.オコン+アルピーヌ
3.サインツ+フェラーリ
4.デ・ブリース+アルファタウリ
5.ガスリー+アルピーヌ
6.フェルスタッペン+レッドブル
7.ラッセル+メルセデス
8.ペレス+レッドブル
9.ボッタス+アルファロメオ
10.角田裕毅+アルファタウリ
11.サージェント+ウィリアムズ
12.ハミルトン+メルセデス
13.ピアストリ+マクラーレン
14.マグヌッセン+ハース
15.アルボン+ウィリアムズ
16.フルケンブルグ+ハース
17.アロンソ+アストンマーチン
18.ストロール+アストンマーチン
19.周冠宇+アルファロメオ
20.ノリス+マクラーレン

<13時18分>(日本時間21時18分)
現在6番手のフェルスタッペン+レッドブルがソフトタイヤで出撃。
☆☆ルクレール+フェラーリに0.4秒差でトップへ。

<13時21分>(日本時間21時21分)
アロンソ+アストンマーチンが2番手。それをアルボン+ウィリアムズが更新。
勢力図が見えなかったが、レッドブルが1-2にきたが、3番手にアルボン+ウィリアムズと、何がおきるか分からない!?
1.フェルスタッペン+レッドブル
2.ペレス+レッドブル
3.アルボン+ウィリアムズ
4.アロンソ+アストンマーチン
5.ルクレール+フェラーリ
6.オコン+アルピーヌ
7.サインツ+フェラーリ
8.ノリス+マクラーレン
9.ストロール+アストンマーチン
10.ピアストリ+マクラーレン
11.デ・ブリース+アルファタウリ
12.ハミルトン+メルセデス
13.ガスリー+アルピーヌ
14.ラッセル+メルセデス
15.ボッタス+アルファロメオ
16.角田裕毅+アルファタウリ
17.サージェント+ウィリアムズ
18.周冠宇+アルファロメオ
19.マグヌッセン+ハース
20.フルケンブルグ+ハース

☆☆超高速コースでは、空力の僅かな変更がタイムに作用し、安定したタイムアップではない変化が表面化する。

フリー走行1結果
1.フェルスタッペン+レッドブル
2.ペレス+レッドブル
3.アルボン+ウィリアムズ
4.アロンソ+アストンマーチン
5.ルクレール+フェラーリ
6.オコン+アルピーヌ
7.サインツ+フェラーリ
8.ノリス+マクラーレン
9.ストロール+アストンマーチン
10.ピアストリ+マクラーレン
11.デ・ブリース+アルファタウリ
12.ハミルトン+メルセデス
13.ガスリー+アルピーヌ
14.ラッセル+メルセデス
15.ボッタス+アルファロメオ
16.角田裕毅+アルファタウリ
17.サージェント+ウィリアムズ
18.周冠宇+アルファロメオ
19.マグヌッセン+ハース
20.フルケンブルグ+ハース

[STINGER]山口正己

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン400ポイント"
2位セルジオ・ペレス223ポイント
3位ルイス・ハミルトン190ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング623ポイント
2位メルセデス305ポイント
3位フェラーリ285ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER