F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ◆どうした、ザウバー・チーム!(2/2)

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

◆どうした、ザウバー・チーム!(2/2)

30cf73d6cf4084fd6310cf3f3245b2921e06b520.jpg
◆新テクニカル・ディレクターがザウバーにやって来た!

[STINGER]編集長山口正己(以下、[STG]) ところで、ご存じのように、中国から大きな変化がザウバーに起こります。
羽端 お、ついに、ビッグなスポンサーがついた?!
[STG] いやいや、そうではないですが、テクニカル・ディレクターが若返ります。

羽端 テクニカル・ディレクターというのは、ホンヤクすると「技術監督」ですかね?
[STG] クルマの製作やセッティングの責任者です。マネージング・ディレクターが経営部門の長で、この二人が全体をまとめる立場です。チームやドライバーのエンジニアリングもテクニカル・ディレクターの仕事です。

羽端 チーム・エンジニアリングとドライバー・エンジニアリング?
[STG] チームの運営の予算に応じて、開発の振り分けを決めるのがチーム・エンジニアリング。ドライバーをなだめたりすかしたりして(笑)より速い状態に持っていくのがドライバー・エンジニアリング、というような分け方です。

羽端 ふーん、そうすると、たとえば、旧ブロウン、現・メルセデス、大昔はフェラーリのロス・ブロウン氏の場合は、テクニカルだけでなく、もっと広範囲で仕事をしている感じ?
[STG] そういうことになりますね。

羽端 フェラーリ時代は、ジャン・トッドがいたから、ロスは?
[STG] ジャン・トッドは、全体な流れをコントロールするのが役目。ブロウンさんの方がもう少し具体的な作業といえると思います。

羽端 なるほど。・・・で、今回ザウバーで、そのジョブに就いたのが?
[STG] フォース・インディアを速くした男、ジェイムス・キー。彼がテクニカルディレクターに就任しました。4月からの契約なので、中国GPが初現場になります。

羽端
 彼のフォース・インディアでの実績というのは?
[STG] その前身のジョーダン時代からチームにいて、2002年には、なんと、琢磨のレース・エンジニアだったんです。去年のシーズン後半から、フォース・インディアが速くなったのは、ジェイムス・キーのテクニカル・ディレクターとしての手腕、と良い評判です。

羽端 そうか、急に速くなりましたもんね、フォース・インディアは? じゃ、彼がいなくなったら、今度はフォース・インディアが困りますね?(笑)
[STG] 困ってもらわないと、可夢偉が浮かび上がれない(笑)。

◆ザウバーは、どこが変わるのか?
羽端
 マレーシアから中国というのは、時間もそんなになくて、またヨーロッパ拠点のチームにとっては”アウェー”状態のままなので、各チームともアップデートはないだろうと、可夢偉は語ってたけど?
[STG] ペーター・ ザウバー・チーム代表は、ジェイムス・キーさんとの最初の仕事は、「ザウバーC29というマシンの、本来の力を引き出すことだ」と言っています。テストで速かったC29ですから。トラブルの原因を突き止め、さらに新たなトラブルを未然に防いでポテンシャルを引き出す、というのもテクニカル・ディレクターの仕事ですから。

羽端 本来の、ね! それはいいですね。
[STG] ただし、ザウバー代表も言っています。”ベッドイン”までには時間がかかるって(笑)。

羽端 わはは(笑)、ジョークがキツいな。でも、具体的というかハード的なアップデートは、今回はできないにしても、チームのシステムやメソッドの点検とか、そういうことをやってくれて、クルマの「信頼性」を高めてくれるといいですよね。
STG] ですね。

羽端 ともかく、せめてもう少し長く(笑)可夢偉がサーキットを走ってるところを見せてほしいです!
[STG] 可夢偉も、”入賞をめざします”とかいう絵空ごとではなく、”まずは完走”と言ってます。この冷静さが、結果にぜひとも結びついてほしいですね。

羽端 ザウバーは、レーシングチームとしても実績がありますよね。
[STG] 実績からいけば、ザウバーのレベルはかなり高いので、期待できると思います。いまは、ベッドインまでの時間を待ちましょう!!

【西湘-八王子】

1 / 2

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER