F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   2022年に向けて–角田裕毅“新世界のF1GP”を語る–その4/6・2022マシンの感触

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

2022年に向けて–角田裕毅“新世界のF1GP”を語る–その4/6・2022マシンの感触


(4/6–3/6から続く)

2022年からは、マシンがいわゆる“ワンメイク”になり、形としてはチーム間の差がなくなる。しかし、まずは自由に改善できる範囲は、これまでより大きく減ったとはいえ、セッティングを含め、チーム力の差は依然として残る。

スクーデリア・アルファタウリは、元々レッドブルのコピーなどと揶揄されていたが、それが事実なら、今回の車両規定はファエンツァのチームに大きなメリットとなる。なぜなら、2022年マシンは、いやでもレッドブルと一緒になる。そこからの“改善”はお手のモノだ。

角田は、AT03を気に入っている様子だ。

「タイヤが13インチから18インチに変更されることが、外見上でも明確に分かる変更になると思いますが、乗った感じは、動きがシャープになります。ステアリング操作に直ぐに反応する。空力的な狙いはもちろんですが、それもあって、オーバーテイクがしやすくなったと思います」

「ただ、ダウンフォースが下がったことで、特に高速コーナーでのグリップが低いけれど、18インチ・タイヤはコントロールがしやすくて、アブダビのテストでもフィーリングはよかったです」
(5/6に続く)

[STINGER]山口正己
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン175ポイント
2位セルジオ・ペレス129ポイント
3位シャルル・ルクレール126ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング304ポイント
2位フェラーリ228ポイント
3位メルセデス188ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER