F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ヘレス合同テスト2日目午前中に束の間のドライ路面!

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ヘレス合同テスト2日目午前中に束の間のドライ路面!

100211_fans.jpg
スタンドは、F.アロンソ・ファンで平日とは思えない賑わい!!

雨雲に覆われた南ヨーロッパ。F1合同テストが行われているヘレス・サーキット上空も、あいにくの空模様だが、スケジュール2日の午前中は、微かに天候が持ち直し、ほぼドライ/・コンディションの走行が可能となった。

天気予報は、連日のウェット・コンディションを伝えていることから、各チームは、このチャンスにドライ・コンディションのプログラムをこなしておくべく、積極的にコースに出ている。

会場のヘレス・サーキットには、平日にもかかわらず、ゲートオープン前の暗いうちから列を作って入場待ちの列が出来、その列を目当てに、屋台まで出てきてしまうほど。F.アロンソ人気の証明だ。

F.アロンソの地元のバレンシアに比べればおとなしいとは言え、F.アロンソのルノー時代に、これだけのファンがヘレス・テストに集まることはなかった。それだけ、フェラーリ&アロンソに対するスペインの期待は熱いというだ。

そのF.アロンソは、実戦さながらのピットストップを含め、積極的にレース・ディスタンス・テストを敢行中。安定した速さを見せている。

ヴァージン・レーシングのT.グロックは、走行中にフロントウィングが脱落するというトラブルで、ほとんど走行できていない。ラップタイムも、10秒近く遅れている。開幕戦の出荷まで、長い3週間になりそうな気配だ。

ウィリアムズのN.フルケンバーガーは、テスト・ドライバーの時代に遡っての過去の自身の例に漏れず、午前中の最初の計測「ラン」ラップのターン7でコースオフ。グラベルでストップ。ダメージ修復のために、未だ計測ラップに至っていない。前週のバレンシアのデ・ラ・ロサとの接触に続き、チームにとって速いけれど壊すドライバーは、頭痛のタネ?!

(MYS/Mom Aantai)

■2/11 ヘレス・テスト2日目(午前) 結果
Pos Driver Team Time Laps
1 セバスチャン・ブエミ トロ・ロッソ 1.20.504
2 ミハエル・シューマッハ メルセデスGP 1.21.403
3 ジェンソン・バトン マクラーレン 1.21.528
4 ロバート・クビツァ ルノー 1.22.129
5 マーク・ウェバー レッドブル 1.23.164
6 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1.23.265
7 ヴィタントニオ・リウッツィ フォースインディア 1.24.120
8 小林可夢偉 BMWザウバー 1.24.406
9 ティモ・グロック ヴァージン・レーシング 1.29.964
10 ニコ・フルケンバーガー ウィリアムズ No Time
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER