F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

フリー走行3 中盤

111015FP3-2.jpg

<11時21分>
7シューマッハ/メルセデスは1分39秒台で4番手のタイムを記録した。

16小林可夢偉/ザウバーは現在10番手。11番手にはチームメイトの17ペレス/ザウバーがつけている。

<11時22分>
15ディ・レスタ/Fインディアがザウバー勢の間を割る11番手に浮上。今回もザウバー勢とフォース・インディア勢の争いは熾烈になりそうだ。

<11時24分>
19アルゲルスアリ/トロロッソが1分39秒台のタイムで8番手、タイヤはスーパーソフト・タイヤを装着している。チームメイトの18ブエミ/トロロッソもスーパーソフトを装着し、セクター1をベストで通過した。

<11時25分>
18ブエミ/トロロッソは19アルゲルスアリ/トロロッソから0.1秒遅れ9番手のタイムをマークした。

<11時26分>
ピットロードでは、22リカルド/HRTのマシンから漏れた水をレッドブルのスタッフが乾かしている。

<11時27分>
現在コース上は1フェッテル/レッドブルを含め、5台のマシンが走行している。

<11時28分>
5アロンソ/フェラーリがコースイン。

<11時29分>
17ペレス/ザウバーがコースインした。

<11時30分>
セッションは30分が経過し、折り返しを迎えた。気温は22℃で1℃上がったが、路面温度は26℃で2℃下がっている。

<11時31分>
1フェッテル/レッドブルはかなりの周回数を重ね、タイヤの摩耗状況を確認している。

<11時33分>
16小林可夢偉/ザウバーがコースイン。

14スーティル/Fインディアがスーパーソフト・タイヤを履き、6番手に浮上した。

<11時34分>
5アロンソ/フェラーリが1分39秒台で3番手に浮上してきた。

<11時35分>
4バトン/マクラーレンが1分38秒台で2番手のタイムをマークした。

<11時36分>
3ハミルトン/マクラーレンはソフト・タイヤで走行中。セクター2、セクター3でベストタイムをマークしている。

<11時37分>
現在トップタイムをマークしているのは4バトン/マクラーレン、2番手3ハミルトン/マクラーレン、3番手5アロンソ/フェラーリ、4番手6マッサ/フェラーリ、5番手7シューマッハ/メルセデスというトップ5となっている。16小林可夢偉/ザウバーは16番手。

<11時39分>
トップ3のマシンはすべてソフト・タイヤで記録したタイムだ。スーパーソフト・タイヤを装着してどこまでタイムが伸びるのだろうか。

<11時40分>
3ハミルトン/マクラーレンがセクター2とセクター3をベストで通過し、1分37秒台中盤のタイムでトップに浮上した。

text by ymkx[STINGER]

111014koci001.jpg

DRS計測開始位置からDRS使用可能位置の間で前車の約1秒以内にいればDRSが使用可能。DRSは、DRS使用可能位置からブレーキを踏むまで使用できる。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more

NOW RACE

アゼルバイジャンGP
アゼルバイジャン/バクー・シティ・サーキット

開催日
2020/06/05〜06/07
(日本時間)