F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   もう、3位では泣かないよ

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

もう、3位では泣かないよ

090406_yamashina.jpg

4月5日 18時52分、雨で赤旗が提示されたマレーシアGPが再開しないことが告げられ、レースが成立した。煮え切らない終わり方に、観客はもうひとつ満腹感を味わえなかった。

ブロウンGPのジェンソン・バトンが2連勝を飾り、ニック・ハイドフェルド+BMWザウバーがKERSカー初の表彰台を記録、グロッグが開幕戦のヤルノ・トゥルーリに続いてトヨタに表彰台をプレゼントした。

夜の帳が下りたセパン・サーキットのカンファレンスルームで、トップ3会見が行なわれた。連勝したバトンは、「クレイジーだが興味深いレースだった」とレースを振り返り、司会が進行を進めようとしたのをさえぎって、「もう一言、言わせてほしい」、と伝え、「大変なレースをうまく運んでくれたエンジニアに心から感謝したい、本当にありがとう」と締めくくった。ここ数年の不信と、シーズンオフの心配がにじみ出るコメントだった。

グロッグは、興奮気味。バトンを挟んで反対側に座った同郷のドイツ人、ハイドフェルドの静かさとは好対照にコメントをまくし立てた。開幕戦でヤルノ・トゥルーリの表彰台を見上げて涙を流したトヨタF1チームの山科代表は、「もう、3位では泣かないよ」と断った上で、「でも、ドライバーは二人ともスタートを失敗してますから、懲らしめないと」と、表彰台のもっと上を見据えて明るく語った。

強烈なシャワーで台無しになったレースの後味は、そう悪いものではなかった。

【STINGER / Yamaguchi Masami

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン175ポイント
2位セルジオ・ペレス129ポイント
3位シャルル・ルクレール126ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング304ポイント
2位フェラーリ228ポイント
3位メルセデス188ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER