F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   オーストラリアGP 決勝トップ3記者会見 ロバート・クビツァ

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オーストラリアGP 決勝トップ3記者会見 ロバート・クビツァ

100328AGP RC.jpg

◆2位 ロバート・クビツァ
「ジェンソン(・バトン)がピットに飛び込んだのを見て、僕らもすぐにあとに続こうと決断した。フェリペ(・マッサ)と同じタイミングだったね。メカニックたちが素晴らしい作業をしてくれたおかげで、ピット中に彼を抜くことができた。でもジェンソンのペースには、とても付いて行くことができなかったよ。2周早く交換していた彼のタイヤは、十分に温まっていたからね」。

「そんなだから最初は、もう一度ピットに入ってニュータイヤに換えるつもりだった。そのうちどんどんタイヤが垂れて行ったから、無線でピットインの指示を仰いだんだ。そしたらチームからは、「そのまま走り続けられれば、そうしてくれ」と言って来た。それであとは、極力タイヤをいたわりながら走るようにした。でも背後からは、猛烈な勢いでルイス(・ハミルトン)が迫ってきてた。どうなるかと思ったけど、彼の方がピットインしたんだ。終盤はフェリペとの争いだったけど、タイヤをいたわりつつペースも維持するように頑張った。そうしなければ、2位表彰台は無理だっただろうね」。

【柴田久仁夫】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER