F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   スペインGP 予選トップ3記者会見 ルイス・ハミルトン

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

スペインGP 予選トップ3記者会見 ルイス・ハミルトン

◆3位 ルイス・ハミルトン

Q. 最後にフェラーリを抜いて3位に食い込みましたが、(マーク・)ウェバーとは1秒の差があり、かなり大きいと思いますが?
ルイス・ハミルトン(以下、ハミルトン):  確かに予想通り、今回は二人が速い。それに、差がついているけど、僕たちもそれを埋めるためにできるだけのことをするつもりさ。とにかく、この位置なら戦いにはなるだろうから。ストレートのスピードがこちらの方が速いのは有利な点だし、スタートがどうなるか見物だよ。

Q. レッドブル以外では最速でしたが、0.7秒の差は大きいのでは?

ハミルトン: 速いサーキットではいつもそうなんだけど、高速コーナーのスピードが信じられないほどなんだ。たぶん空力特性の違いじゃないかな。今のところレッドブルが1段上にいるけど、それ以外でトップというのは悪くいない位置だと思う。マクラーレンのマシンにも高いポテンシャルがあるから、これからさらに改善していきたいね。スピードを高めてゆく方法はひとつではないし、いろいろな方法があるんだ。

Q. フェラーリも手強い相手になりそうですが?
ハミルトン: もちろん、フェラーリとメルセデスが速くても、驚きはしないさ。いつもどおり、フリー走行ではそうでもないのに、予選になると上ってくる。何か特別なスイッチでもついているのかな? 手の内に強みを隠しているということだろうね。

Q. 1秒近い差をつけられ、しかもここはポールシッターが有利なサーキット。それでも勝ちを狙えると思いますか?

ハミルトン: 何事も不可能ではないよ。最近の2〜3戦を見ても判ることだよ。それに、決勝レースのペースでは、予選ほど差がないと思う。もちろん、空力面でも前にいるドライバーが有利だけど、スタートで逆転する可能性はあるし、天気が変るかもしれない。レッドブルが優位に立っている内も、できるだけ多くのポイントを獲得して、逆転の機会を待つというのが理想だろうね。

Q. ハードタイヤではソフトほど差がなかったようですが、その理由は何だと思いますか?
ハミルトン: それはレッドブルの二人に訊いた方がいいんじゃないかな。僕たちの場合は、どちらのタイヤでもあまり違いはなかった。レッドブルはソフトタイヤの方が速く走れるようだけど、その理由は僕には判らないよ。

Q. レッドブルが強いのはバルセロナだけでしょうか?それとも、ヨーロッパ・ラウンドの間、ずっと続くのでしょうか?
ハミルトン: この先2〜3戦は、性格もダウンフォースの強さも違うサーキットが続くんだ。間違いなくモナコではずば抜けて速いと思うけど、モントリオールでは、差を詰められると期待しているんだ。ここみたいにダウンフォースを効かせるサーキットでは、彼らに分があるだろうね。逆にダウンフォースを弱くして走るコースでは、ストレートのスピードを活かしていい戦いができると期待しているよ。

【翻訳:Shigehiro Kondo】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER