F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   小林可夢偉 決勝後会見全録2 ブラジルGP

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

小林可夢偉 決勝後会見全録2 ブラジルGP

091019 kkv1.jpg

◆”ノーティ・ボーイ”、プレスルームに登場!
—-今日、F1のグリッドについたときは、どんな気持ちで?
可夢偉
 いやぁ、71周って、どんなに長いんやろ?って。

—-緊張したりした?
可夢偉
 いや、緊張、そんなになかったです。

—-スタートは
可夢偉
 周りのガソリン(搭載量)なんかはわからないから、ただ、後ろから(速いのが)来ることはわかってたから。どうやって、自分のポジション
を守って、なおかつ(どうやって)前に行こうか、というのを考えてたんです。前を、といっても、そんなにうまく行かないことは、最初からわかってましたけ
ど。

—-1コーナー、2コーナー、3コーナーは?
可夢偉
 え……? そんなに、みんな、ムリしてなかったんで。素直に、ぼくは……。

—-セーフティカーは?
可夢偉
 ヤルノのクラッシュを見て、間違いなく(セーフティカーが)入るなというのはわかりました。

—-再スタートに向けての、タイヤの”あっため”は?
可夢偉
 それはよかったんですけど、ただ、ぼくのいまの問題は、(タイヤが)冷えてても、けっこうイッちゃうんですよ。それで、(ちゃんと)あったまる前に行き過ぎて、それできっとタイヤを”壊してる”んで。それで、プライム(の使い方)がダメなんだと思いますよ。
(再)スタートの直後は、ぼくの方が速かったですからね、タイム的にも。それがけっこう、ぼくの問題やから、それはちょっと改善していかないと。

オプションに関しては、”あったまり”がもともといいんで、最初からガンガン行っても、(走りに)ついてきたと思うんですけど。

—-ジェンソンに、突っつかれたときに、
可夢偉
 ええ、あれでけっこう、タイヤがイッちゃってたと思うんですね。

—-ジェンソンとのバトルのときは、どんなことを?
可夢偉
 いやぁ、とりあえず、このあと、50周くらいあるんですか?(笑)どうやって抑えようか、ピットストップもあるし、どうしたら……。向こうの方が、ガソリンは重かったですよね? 

—-いや、ジェンソンの方が軽かった。
可夢偉
 そうですか、でも、どうやって”守りきる”んかなあと思って。

—-あ、クルマが重い割りには、ジェンソンは速いなあ!って、思ってたんだ。さすがのポイント・リーダーと?(笑)
可夢偉
 1コーナーで、ブレーキングで突っ込まれたり、また、ぼくが(ポジションを)戻したり。

—-ジェンソンは巧いなあ、と思った?
可夢偉
 ……というより、ぼくのペースが”遅すぎ”です! だって、1秒以上違うでしょ、あれはちょっと(抑えるのは)ムリです。

—-でも、このバトンとの争いでも、ラインは、自分では変えてるつもりはないんでしょ?
可夢偉
 変えてないです。ブレーキ、ムリしては(コーナーに)絶対入らないから。あとは、(コーナーは)立ち上がり重視で。

—-バトンのチーム・ラジオに、バトンが文句言ってたから。(可夢偉が)ライン、変えすぎだから、チャーリー(・ホワイティング/FIAレースディレクター)に文句言えよって。
可夢偉
 あ、そうなんですか?

—-まあ、後ろについてる人間から見れば、そういう風に見えるかもしれない。


F12009Brazil_O4V4209.jpg◆課題は、何よりも、プライム・タう使うか?
可夢偉 それよりタイヤ、プライムは、ほんまに残念です。あれ、よかったら(ちゃんと使えていたら)、全然、ポイント(の獲得)は余裕なんですよ。オプションは、ぼく、走れるんで。

—-というようなことが、今日は、わかったわけですね?
可夢偉
 そうですね、(今日は)初めて”レース・スティント”で走ったから。

—-一貴と当たったあと、クルマに不具合はなかった?
可夢偉
 なかったと思いますけどね。どこ当たったかも、わかんないんですよ。

—-左のリヤ!
可夢偉
 ぼくがブレーキ踏んだとき、(ぼくの)左を一貴がすごい勢いで……。

—-だから、一貴のインタビュー、空を見た?……から、はじめようと思うんだけど。
可夢偉
 あ、まだ(インタビューは)してないんですか?

—-してない。
可夢偉
 ぼくが一貴に、ごめんと、あとで謝りに行くと、言っとってください。

—-あれは、やっぱり、気になった?
可夢偉
 はい、あのあとの3周くらいは。

—-でも、テレビにあれだけ映るとは! 初戦から。
可夢偉
 珍しいですか?

—-大ウケだったよ、隣にいたイタリア人が「コバヤシ、コバヤシ!」って絶叫してた。
可夢偉
 どのイタリア人?

—-プレスルームにいた、イタリアの記者。それで、今回レースやってみて、反省点とか、自分で覚えなきゃいけないことは見えてきた?
可夢偉
 いや、単純に「プライムの使い方」だけです。あれを上手いこと、したら、全然”ポイント圏内”に入るから! 

—-その「使い方」というのは?091018_kamui-after-race-2.jpg
可夢偉 いやぁ、それは、わかんないです、ぶっちゃけ。温め方とか、テストして、ちょっと多めのガソリンで、どうタイヤをつくっていくかですね。
あっため方で、どれだけプッシュして(できて)、どれだけ抑えて、どうやって(タイヤを)こすらずに行くかとか。保たせるかではなくて、(タイヤの性能
の)使い方ですね。

—-フィジケラを抜いたときは?
可夢偉
 もう、あそこしかないと思ってたので。 KERS は速いし。でも、気づいてなかったと思いますよ、フィジケラは、ぼくに。あの周だけ、フィジケラがシフトに失敗したんです。あの周で、残りは4周くらいでしょ。

—-してやったり、だった?
可夢偉
 とりあえず、11番より10番の方がいいでしょ!(笑)

—-今日は、点数は何点くらいですか?
可夢偉
 …………、40!

—-え!? そんなに低い?
可夢偉
 だって、あのプライム(の使い方)では!

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER