F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   中嶋一貴 決勝後会見全録 日本GP

NEWS

中嶋一貴 決勝後会見全録 日本GP

091004 NKV.jpg

◆ワンストップの”長いレース”に挑んだが……

—-母国グランプリである鈴鹿は、ちょっと残念な結果に?
中嶋一貴(以下、一貴)
 今回は、見てくださっていた方々も同じだと思いますけど、正直、がっかりしてますね。スタート前から、(燃料は)重く積んでいるし、”長いレース”になるとは思ってたんですけど、そのなかでも、モノゴトがまあ、うまく回らず……。

—-ワンストップ作戦で、クルマはやっぱり重かった?
一貴
 そうですね、燃料の問題もそうですけど、ストレート(の速さ)も、かなりウイング(の角度)が付いていたんで、後ろ(他車)をブロックするのもむずかしく、一度前に行かれたトロロッソのクルマに、あとはずっと、前を塞がれるようなかたちになってしまいました。まあ、今シーズン何度かあったようなレースに(鈴鹿も)なってしまいましたね。

—-ワンストップというのは、走りということでは?
一貴
 タイヤをうまく冷やしながら走りつつ、かつ、全力でプッシュするという状況だったので、非常にむずかしかったですし……。後半は、軟らかい方のタイヤで、バランス(がよくない)というか、タイヤをうまく使えないということがあって、それが響いたという部分もあったと思います。

—-もし、今日のレースを採点するとしたら?
一貴
 うーん、(採点は)しようがない、ですね。

◆予選がすべて! あの位置からではこの作戦しかなかった
—-今日の決勝では、問題はクルマの仕上がりなのか、それとも、ストラテジー的にちょっとムリがあったのか?
一貴
 まあ、予選がすべてですね。予選の結果がよくなかったんで、そこから、セーフティカー(の登場)も願いながら、ああいう(ワンストップの)作戦にもなったわけで。ストラテジーとしては、アロンソも同じことをやって「10番」まで行ってますからね。彼が自分らよりは重い(燃料を積む)というのは、わかってましたけど。

—-抜かれたのは、ほとんど130R?
一貴
 リウィッツィに(前に)行かれたのは、そこで後ろに付かれて、インをブロックして、次の1コーナーで。トロロッソに関しては、130のあとのシケインでしたね。このアルゲルスォリについては、スプーンでは、かなり離していたんで、ちょっと不注意な部分もあったんですけど。

—-“重いクルマ”は大変だというのは、どういう風に?
一貴
 いや、単純に、ラップタイムが伸びないので(笑)ということに尽きます。重いクルマは、コーナーが遅い。ここではセクター1ですね、切り返しが多いし、その分ロールの量も大きくなって、イコール、ラップタイムが伸びない。真っ直ぐのスピードは、そんなに、コーナーほどには影響はないんですけど。ぼくらのクルマは、セッティングの関係で、もともとストレートは速くないですが。

◆ソフト・タイヤでのグリップが”掴めない”
—-第一スティントの後半、タイムが落ちたのは、タイヤを使ってしまったから?
一貴
 ……というより、(給油を終えた)ニコが(すぐ前に)出て来たから。

—-そのニコの前は”緑”(ブラウン)でしたから、プライムで走っていたときは、それなりにレースはできていた?
一貴
 そうですね。

—-そして、タイヤがオプションになったら?
一貴
 ソフトが……、相変わらず、ちょっときびしいですね。どうにも、うまく行かない。グリップが(場所によっては)あるところはあるんですけど。

—-スタートでは、ポジションが上がったけど?
一貴
 そうですね、目の前でブエミがストールして、それを避けて、でもアロンソには前には行かれず、2コーナーはアルゲルスォリの外から行けたので、ポジションは何とか上げられましたね。そのまま、前にいられたらよかったんですけど。

—-そのあとは、アロンソが迫ってきて?
一貴
 そうですね、後ろから迫られて、でも前は詰まっていて……という、むずかしい状況でしたね。チーム的には、アロンソの前にいたいということだったんで、このへんまでは、まあ予定通りだったんですけど。

—-予選に関しては、ドライ走行が1時間しかなくて、その間でセッティングを出せなかった?
一貴
 まあ、こうすればよかったかという(トライはしなかった)セットもあるといえばあるんですけど。でも、時間的なことでは、みんな条件はいっしょですからね。そのなかで、やるしかないんで。

—-ブラジル、インテルラゴスは、コースとしては好きな方?
一貴
 そうですね、走っていておもしろいサーキットではあります。

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン69ポイント
2位マックス・フェルスタッペン61ポイント
3位ランド・ノリス37ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG101ポイント
2位レッドブル・ホンダ83ポイント
3位マクラーレン53ポイント
more
情報なし