F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   小林可夢偉(ザウバー)予選後会見全録 中国GP

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

小林可夢偉(ザウバー)予選後会見全録 中国GP

100417kkv.jpg
〜予選を終えて〜

◆予選では、クルマの性能は使い切れたと思う
—-クルマの性能だけは”引き出せた”予選だった?
可夢偉
 とりあえずは、ね。あれ以上行く(攻める)と、まあ、失敗か、うまく行くか、どっちかだと思う。

—-けっこう早めに、ソフトを履きましたね?
可夢偉
 ・・・みたいです。

—-いつもよりも早いな、という感じ?
可夢偉
 そうそう、そうそう! でも、よかったんじゃないですか? あのあと赤旗だったんで? でも、それでクルマを確認できたんで。

—-何かトラブルがあったわけではない?
可夢偉
 ・・・ない、です。今回、ノートラブルです。今回はそれが一番です! まあ、あとはレースですね。

—-路面の状況、午前中、走りはじめというのは?
可夢偉
 悪かったですね。路面はよくなくて、まあ、FP1ほどじゃなかったんですけど。でも、思ったほど(よくなくて)FP2の終わり頃ほどじゃなくて。やっぱり、砂がいっぱい、ホコリかもしれないですけど、ウヨウヨしてるんだなっていうのを実感しました。

—-でも、今回は、チームメイトのP.デ・ラ・ロサに差をつけましたね!!
可夢偉
 ビックリしましたね!

—-どこが速かった?
可夢偉
 最後のセクター、失敗してましたね。

—-今回、Fダクトは効いてるという感じ?
可夢偉
 いえ、ぼくはあんまり(効果を)感じられないんですけど。

—-今回の予選でのタイム差というのは、自分のなかでは?
可夢偉
 (P.デ・ラ・ロサとの)タイム差はあまり考えてないんですけど。逆に、周りとのポジションですね(考えてるのは)、どっちかといえば。

—-Q1、すごくタイトでしたよね?
可夢偉
 ・・・ですね、ビックリしました! これマズい(ヘタをするとQ1落ちしかねない)なと(笑)。

◆クルマのグリップは、相変わらずよくない
—-クルマの状況、昨日、グリップが足りないと?
可夢偉
 いまも、足りないです。(昨日から)進化はしてない、メカニカル変えても、グリップっていうのは、そんなに変わらないです、基本的には、ね。

—-風が強くなりましたが。
可夢偉
 それは、ぼくには、よくなったか悪くなったか、わからないです。まあ、とりあえず、しょうがないな、と。ただ、若干ね、直線がまた、遅くなっちゃったんで・・・。あ、向かい風になってね。そういう意味では、残念ですね。

—-燃料を積んでいるときと、そうでないときでは?
可夢偉
 いやぁ、けっこう、タイヤ、きびしいから! 積んでても、きびしそうですね、ここは。マレーシアの方が、ちょっとラクだったと思います。
でも、周りがどれくらいで、どの程度走るかというのがちょっとわからないので。

まあ、トップと較べればキツいけど、ぼくらがいる”中団”のなかでは、いいかもしれないですね。まあ、あんまり心配せずに、思い切ってレースできればいいかなと思ってます。

—-タイヤは、Q1はプライムから走りはじめて?
可夢偉
 そうですね、プライムから走りはじめて・・・。

—-・・・で、Q2はオプションで?
可夢偉
 ええ。

—-オプションで、ツー・タイムド(二周連続で)アタックしたときは、二周目は”タレ”た?
可夢偉
 ええ、若干! イッたのはフロントですね。

—-じゃあ、グレイニングみたいなもの?
可夢偉
 グレイニングとはいわない、でしょう? やっぱり、一周目のグリップレベルと較べると、ね。

—-セクター2で、二周目、若干”突っ込んでる”ような気がしたけど、それはそのせい?
可夢偉
 そうですね。

◆チーム内の意思疎通は、とてもうまく行っている
—-ある雑誌のピーター・ザウバー氏のインタビュー記事で、ドライバーとエンジニアの意思疎通や協力関係が理想的なかたちじゃない、という意味のことが掲載されてるが?
可夢偉
 あれは、どうなんですかね? たぶん、ピーター的には「やられた!」ということだと思いますよ。

—-つまり、語ったことと書かれたことが違う、と?
可夢偉
 そうです、どっちかといえば。

—-ピーターからも、誤解するなというようにいわれた?
可夢偉
 そうですね。だって、いわれる(書かれる)ようなこと、してないですから。

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER