F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   BMWザウバーのJ.キー・テクニカルディレクター就任コメント

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

BMWザウバーのJ.キー・テクニカルディレクター就任コメント

100416JK-1.jpg

中国GP を前 に、BMWザウバーF1チームが、ウィリー・ランプに代わって技術責任者に就任するジェイムス・キー・テクニカルディレクターが新たな仕事に対して以下のようにコメントした。

「このチームで迎える最初のレースを楽しみにしている」と  ジェイムス・キー・新テクニカルディレクター。

「イースター(2010年は4月4日)の週末後、(ザウバーF1チームの本拠地)ヒンヴィルに到着し、いろいろな人たちと会った。これまでの印象は非常にいい。もちろん、やるべきことは多いが、チームの士気とモチベーションはきわめて良好だ。これから進むべき方向も見えてきて、皆がマシン開発の方向性を定めるべく、全力で頑張っている」。

「今年はサーキットの現場へ行っていなかったので、どういう状況になっているか、とても興味がある。タイヤに関して知るべきことがあるし、ドライバーとも話し合っていきたい。そこで初めてC29を見ることになるから、ウィリー・ランプといっしょに詳しく観察し、細かい点について考えたい」。

「(チームにジョイントする初の中国GPの)上海サーキットについて言うと、ダウンフォースのレベルはこれまでの3戦とほぼ同じだろう。ここも、面白い要素を持った人気のコースだ」。

「上海サーキットは、非常に長いストレートがあるから、ダウンフォースの点で妥協が必要だろう。路面のグリップがかなり高いので、ウイングを弱めにするこ
とができるかもしれない。ブレーキング時の安定性とトラクションが最も重要だ。ふたつある超低速コーナーは、ドライバーにとって難しいだろう。マシンとタイヤがそこでどう働くか、見てみなければならない。幸運に恵まれ、ポイントが獲れるよう願っている」。

【翻訳:Shigehiro Kondo】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER