F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   浜島裕英BS開発責任者のタイヤ”deep”トーク–トルコGP 直前SPL

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

浜島裕英BS開発責任者のタイヤ”deep”トーク–トルコGP 直前SPL

090607_tire.jpg

◆ハードとソフトのタイム差は、今回はあまりない
(二種のタイヤで)デグラデーションとかラップタイム差は、あんまり差がないです。

それで、唯一、ちょっと読み切れてないのが路面のインプルーブメント(良化)で、昨日の場合、気温がかなり上がったんで、路面に(ゴムが)載ってきてる量が(増えて、それがタイムに)影響してます。

たとえば、コバライネン選手なんかは、今回はずっと「ハードの方がいい」といっていたんですが、途中で”ラバー・ダウン”してきて(路面状況が変わり)、それでフィーリングがちょっと悪くなって、ソフトを履いてみたらタイムが出た! そういう状況になってます。

昨日、Q3でソフトを使ったドライバーも、たしかに一周は(性能を)”保たせる”ことができているんですけれど、決勝になったらですね、”保ち”はちょっと悪いと思われますし、あと、”ささくれ”が出始めたら急激にタイムが悪化するという可能性がありますので、やっぱり、この気温という条件を考えると、(決勝は)ハード・メインの作戦になるんではないかと思います。

一方で、スタートでソフトを使って”逃げちゃう”という作戦はあるでしょうが、ただ、モナコでもそうでしたが、”ささくれ”が出ちゃったときのコントロールのしにくさなどを考えると、けっこう(その作戦も)きびしいところがあるかなと思います。

◆巡航という条件なら、フェラーリとブラウンは対等だ

あとは……、フェラーリは、アンダーステアが出る傾向があって、それが決勝で、よく出るのか悪く出るのか、ちょっとわかりません。また、その傾向が、予選での速さにつながらなかったのかとも思います。

「巡航」だけでは、フェラーリとブラウン・グランプリは、FP(フリー走行)3までのデータで行くと、あんまり変わらなかったんですけど。この2チームが、予選であれだけ差が出ちゃったのは、そのせいだったかなと思います。

—-それは、ソフト側のタイヤで?
そうです、ソフトで、です。ハード・タイヤでは(フェラーリはブラウンと)トントンくらいでは走れるのではないかと思います。

ただ(ブラウン・グランプリの)バトンは、よくわからないですね。急激に速くなる、ことがある。

◆熱的には、タイヤにとって、ここはきびしいサーキット!
あと、たぶん!ですけど、タイヤの温度自体は、かなり上がると思われます。昨日(土曜日)のGP2のレース、「ミディアム・コンパウンド」を使ってましたけど、実はタイヤへのダメージはかなりあって、熱的にはけっこうキツい可能性があります。

見た目では、85~90度くらいしか上がってないんですけど、高速コーナーなんかに行ったときに、タイヤのなかの温度はもう少し上がっているということですね。

F1でも、温度は同じくらいなので、熱的にはF1も同じように、かなりきびしい状況になっていると考えられます。

—-温度が80~90度ということですが、そんな状態で明日に「30周」走ろうという選手もいるんですが?
あ、ハード・タイヤは大丈夫ですよ、そのくらい走っても。

—-ブラウンは初日にグリップの問題があるとしてましたが、タイヤ側から見た場合、それがわかりますか?
タイヤ側から見た場合には、わからないですね。相変わらず(摩耗の状態は)一番キレイです、”ささくれ”もあまりなく――。

—-マクラーレンは?
マクラーレン? うーん、ここはちょっと、後ろがきびしいかなあ? あ、これもソフトの場合ですが。

あの、このサーキットは(タイヤの)「内圧」を高めにしないと、速く走れないですね。また、その内圧を守ってもらわないと、ここは危ないです。

—-昨日の予選で、最終的にハード・タイヤでタイムを出したというドライバーは?

それは、いないですね。タイム自体は、みんなソフトで出してます。ただ、タイムを出したあとに、ソフトは”タレる”というか性能が低下する。ですから決勝は、ハードで”つないだ”方がトクだと思います。

—-決勝での、ソフト・タイヤの”保ち”というのは
10周……くらいは、大丈夫だね! そこから先は、クルマによるけれど。でも、いずれは今日(日曜日)は(タイヤは)オーバーヒート気味になって、オーバーステア(傾向)になるんでは? ”ささくれない”にしてもね。

昨日から今日というか、いまちょっと(タイヤで)むずかしいのは、路面の状態が上がってるのと、気温が上がってるというのがあって、両方で相殺しちゃってるというところがありますね。そのへんを、どう判断するか。

                【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER