F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   浜島裕英 タイヤ”deep”トーク–トルコGPのためのメモ

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

浜島裕英 タイヤ”deep”トーク–トルコGPのためのメモ

100529_bs.jpg
◆「ターン8」での横Gは、去年よりさらに上がった!
浜島
 ターン8は、各チームからの情報プラスうちのデータによると、去年よりは「だいぶ速くなる」ようです、レース(のときのタイム)は別ですけど、予選では速くなる。通過時間は約8秒で、あまり変わらないんですけど。

そしてここは、横Gに関しては「5G」以上出て、最大荷重が1トンを超えます。これは、右のフロントですね、ここにピーク時で1トン以上かかるので、相変わらず、非常にきびしいコーナーです。アベレージでは、荷重は800キロくらいですが。これも、去年より2〜3割、増えてます。実際にも、今日走り終わったクルマで(タイヤが)辛いクルマもありました。ブリスターが出ているチームもあるし。

あと、サーキットが汚れてるときには、フロントタイヤのグレイニングは、非常にきびしい。

FP1(金曜日最初のフリー走行1)は、とにかく「汚かった!」というのがみんなの意見で、”改善代(しろ)”は非常に小さかったということです。

ハードの方のウォームアップは1〜2ラップで、これに関しては、(各チームとも)そんなに悪くないよ、と。

ただ、右のフロント、グレイニングによるデグラデーション、そして、リヤのスライドによるデグラデーションが、主に生じました。

“ささくれ”は、(症状が出るのは)右のフロント主体で、全面にわたって、ささくれは出ています。
(タイヤが)オーバーヒートするというコメントは、一応、ないですね。

ハイスピード(コーナー)は、どっちかというとアンダーステア。低速は、入り口アンダー、出口はオーバーという、典型的な「グリップないとき」のコメントです。

◆路面の変化が大きすぎて、データ不足

浜島
 午後のFP2(金曜日午後のフリー走行2)も、始まったばかりはあまり(路面は)キレイじゃなかったですけど、走れば走るほど、よくなるんで、デグラデーションを計算すると「マイナスになる」(タイムが落ちずに、上がる)人がかなりいるんですけど。
そこを、データを絞り込んで計算すると、ソフトで3秒/ハーフレース・ディスタンスくらい。ハードはおそらく2秒以下になると思うんですけど、路面も考慮して計算すると、2.5秒/ハーフレース・ディスタンスくらいです。

(二種のタイヤの)タイム差は、今日は計算できません。(路面がよくなった)後半に行くと、何でも速くなっちゃったんで。

そして、フューエル・エフェクト(10kgの重量増加がタイムに影響する割合)は、0.32秒/10㎏。フューエル・コンサンプション(1周当たりの燃料消費量)は、2.61㎏/ラップです。

ザウバー/小林選手の右フロントは、けっこうブリスターが出ています。また、14チームのなかで、一番(タイヤの)温度が高いですね。……なので、ちょっと、タイヤに辛いかもしれない。
ただ、全面的に出ていたので、あれは(コースから)飛び出したときに出たものかもしれない。

—-ターン8で、Gが増えてるということは、速度も速くなる?
浜島
 いえ、通過時間は、そんなに変わらない。8秒くらいです。去年のGは5Gに近いものでしたが。

2008年レベルに戻ると、辛いですね。でも、決勝はみなさんゆっくり走ってくれるので、そこに期待したいですね。

◆レッドブルは、タイヤをかなり”攻めて”いる!?
—-レッドブルは、ターン8ですごく速いですが、タイヤは問題ない?
浜島 ええ、ブリスター、してますね。はい、二人のドライバーともに。

—-苦い思い出のある人(L.ハミルトン)は(笑)?
浜島
あそこだけでコンマ5秒速かったですから(笑)。今年は、健闘してますから大丈夫です。

—-クビサは?
浜島
 クビサは、大丈夫ですね。

—-予選での”アタック・タイヤ”は?
浜島
 やっぱり、みんなオプションで行くと思います。ムービングするとか、そういう声は出ていないし。

—-右フロントへの荷重は、他のサーキットと較べると?
浜島
 ほかのサーキットは、ここの半分です。ここの次に(かかる荷重が)きびしいのは、シルバーストンですね。

—-予選の最後をプライム(固い方のタイヤ)でやる、という案は?
浜島
それはないと思います。オプションの方が、普通と逆で、今日はグリップが低いからと思いますが、フロントのグリップがより上る方向で、バランスがよくなるという意見です。だから予選(のQ3)はオプションと思います。

ポルシェGP2もクルクル回っていましたね。とにかく路面が汚すぎる、というのがみなさんの意見でした。

             【STINGER / text by Iemura Hiroaki】


記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER