F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   浜島裕英 タイヤ”deep”トーク–モナコGP 直前スペシャル

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

浜島裕英 タイヤ”deep”トーク–モナコGP 直前スペシャル

100516_bs.jpg

◆ハンバーガーで路面が汚れている!?

・路面が汚くて、あまり、いいデータがない。(コース上に)ハンバーガーが落っこちていたり(笑)。ストレートのところにレストランがあり、屋台も出てい
て、みんな食い散らかして行く。

・路面は、木曜日のときの方がよかったというくらいに、汚れている。

・予選も含めて、路面が汚すぎて、プライムがよかったのか、オプションがよかったのか、そういうこともわからない!・・・というのが現実だ。

・あるチームは、(タイヤで)「コンマ4秒くらい違うのでは?」というが、実際には、(コースの)ある部分で、路面が急によくなる場合がある。

・その(よくなった)ラインの上でのタイムだと考えると、なかなか、オプションタイヤがいいと言いきれない部分がある。

・(二種のタイヤのタイム差は)単純に比較すると、コンマ4秒(0.4秒)くらいあるが、今日の状況では、そのへんがちょっと、むずかしいところだ。

・昨日のGP2では、急に路面が非常によくなって、(ここを1分)23秒台でずっと走れていた。このタイムだと、おそらく、F1の後ろの方(下位グルー
プ)よりも速い! 

・ ・・・ということで、いいデータは、あまりない。

・予選で、おもなドライバーが使ったタイヤは、以下の通り。

・ウェーバー:Q1はプライム・ニュー。Q2はオプション・ニュー、オプション・ニュー。Q3はオプション・ニュー。

・クビサ:プライム・ニューで行って、そのまま入ってきて、そのユーズドで走ったのがQ1。Q2が、プライム・ニュー、オプション・ニュー。Q3がオプ
ション・ニュー、オプション・ニュー。

・ベッテル:プライム・ニューでQ1、Q2がオプション・ニュー、オプション・ニュー。Q3はオプション・ニュー。

・マッサ:Q1はプライム・ニュー。Q2はオプション・ニュー、オプション・ニュー。Q3はオプション・ニュー。

・ハミルトン:Q1はプライム・ニュー、プライム・ニュー。Q2はオプション・ニュー、オプション・ニュー。Q3はオプション・ニュー。

・ロズベルク:Q1はプライム・ニュー。Q2がオプション・ニュー。Q3、オプション・ニュー。

・シューマッハ:Q1はプライム・ニュー。Q2はオプション・ニュー、オプション・ニュー。Q3はオプション・ニュー。

・バトン:Q1はプライム・ニュー、プライム・ニュー。Q2はオプション・ニュー、オプション・ニュー。Q3がオプション・ニュー。

・ペドロ・デ・ラ・ロサ:Q1がプライム・ニュー、プライム・ニュー。Q2はオプション・ニュー、オプション・ニュー。

・小林可夢偉:Q1はプライム・ニュー、プライム・ニュー。Q2はオプション・ニュー、オプション・ニュー。(ペドロと同じ)

・アロンソ選手は、シャシーを全取っ替えした。

・二種のタイヤを使うというレギュレーションにより、スーパーソフトは一周はしなければならない。

・ピット・スタートであって、グリーンがついてから交換したとしても、装着していたタイヤで一周したとは認められない。したがって、交換前に、ワンラップ
はしなければならない。

・上位の三人、ウェーバー、クビサ、ベッテルのタイヤの使い方は、そんなに悪くない。

・FP2(フリー走行2)のときに、同一タイヤで30周したチームがある。タイヤの”保ち具合”は、去年とは比べものにならない。

・ゆえにレースにおいて、”上の三人”(ウェーバー、クビサ、ベッテル)には、タイヤの問題は生じないのではないか。

・マッサとハミルトンは、タイヤに”きびしい”ので、レース(ロングラン)では、ちょっと辛いかもしれない。

・このコースは、最初に燃料を積んでクルマが重いときに、プッシュし過ぎてしまうと、タイヤが”ささくれる”可能性がある。

・タイヤが完全に温まった場合、プライムとオプション、どっちが速いのかは、ここでは何ともいえない。

・今回、プライムが”働いている”のは、再舗装した部分にフィットしているとも考えられる。

・オプションは、3〜4周走行後に、性能発揮。

・プライムは、5〜6周で性能発揮。ウォームアップに際する時間差は、あるといえば、ある。

・温まったあとのタイムは変わらないので、ドライバーによっては、しっかりしたフィールのタイヤ=プライムの方を好む、ということは考えられる。

                【STINGER / text by Iemura Hiroaki】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER