F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ヘレスF1合同テスト2日目アラカルト①・・・好調フェラーリとマクラーレン

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ヘレスF1合同テスト2日目アラカルト①・・・好調フェラーリとマクラーレン

100211_jeretz-1.jpg
満員(画面右端)のF.アロンソ・ファンの声援を受け、フェラーリは順調にセットを進めている。

4日間の予定で行なわれているスペインのヘレス・サーキット2日目、荒天の合間のドライコンディションのなかで、今シーズンの勢力図が見え隠れする内容になった。

テストは、昼ごろから、フェラーリのF.アロンソが、レース・シミュレーションで47計測ラップのロングランを行ったり、メルセデスのM.シューマッハが35計測ラップのロングランを実施。いずれも、実戦シミュレーションに映ったことから、基本セッティングに問題がなく、具体的な煮詰めに入ったことを証明した。

F.アロンソのラップタイムは、燃料の消費につれて、アップダウンのある1分28秒台から1分22秒台と、都合約6秒の”差”が見られた。

100211_shumi.jpg
着実にセッティングを進めるメルセデスのM.シューマッハ。

一方、M.シューマッハのラップタイムは1分25秒台後半から1分23秒後半へと一貫してタイムを上げるという極めて「M.シューマッハ的」な、走行が印象的だった。

燃料の搭載量を推し量ることは難しいが、F.アロンソのタイムを見る限り、どの時点でタイヤを交換するかによって、開幕戦から序盤の数戦は、新しい予選方法によって、それこそ大混乱になることが予想される。多少、絶対的なラップタイムが遅くても、「M.シューマッハ的」な、走りとロス・ブラウンの戦略的なストラジティを駆使すれば予選11番手からでも、優勝が狙えそうだ。

(MYS/Mom Aantai)


記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER