F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   木曜日FIA会見小林可夢偉全録

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

木曜日FIA会見小林可夢偉全録

s-100_0387.jpg
通常なら、スケジュール開始前日の木曜日から、BMWザウバー・チームは日本人プレスのために毎日会見時間を用意しているが、マレーシアGPの開幕を明日の4月1日は、可夢偉がFIAのサースデー4に呼ばれたため、会見はそこに割り当てられることになった。

R.バリチェロ、N.ロズベルグ、K.チャンドックとともにプレスコンファレンスルームに呼ばれた可夢偉は、質疑応答に軽快に答えたが、新人離れした、落ちいつた表情が印象的だった。会見から、小林可夢偉の受け答えを抽出してお届けする。

Q—去年は2レース半(ブラジルとアブダビ、そして鈴鹿のフリー走行を指す)、すばらしい活躍をし、今年は2レースが終りました。その違いはどんな感じでしょう。去年、トヨタでは最高のレースをしましたが、今年はそうでもないようですね。
小林可夢偉(以下、可夢偉)
これまでの2戦は、ほんとうに運が悪かった。最初のレースでは、冬季テストで経験しなかった油圧系のトラブルが発生し、前回はフロントウイングに問題があり、ボク自身にとっても難しいレースでした。去年は最後に二度、すばらしいレースができた。あのときはテストもできず、厳しい状況を予想していたけれど、マシンのポテンシャルが高かった。2年間、テストドライバーとして働いていたので、チームの全員と楽にコミュニケーションが取れ、すぐチームに溶け込むことができた。今年は新しいチームなので、頑張って努力しなければならない。今のところ、ボクもレースで完走していないので、自分の力を発揮できていない。この先、いちばん大事なのは最後まで走りきることだと思っている。

Q—シーズンオフのテストではマシンがとてもよく仕上がっているように見えました。実戦でその力を引き出していると思いますか? それとも、まだまだでしょうか。
可夢偉
そう、それが現時点での問題で、理由を探っているところです。冬季テストの内容は非常によかった。トップ争いをするところまではいかなくても、第2グループの先頭でレースができるはずだった。そしてそれが、今年の目標でもあった。テストがよかっただけに、これまでの2戦の展開には不満がたくさんある。バーレーンのときは、かなり困難な状況だった。路面が荒れたコースで特に苦労し、マシンはコントロールしにくい状態だったけれど、第2戦のメルボルンまでには、かなり進歩していた。順位は悪かったけれど、ペース的には第2グループに近かったから、手応えはあったと思う。今回のレースでは、さらに前を目指したいね。
 
Q— セパンは、コースも知っているし、これまで以上の活躍ができるのでは?
可夢偉
このサーキットはよく知っている。GP2で2レースしたのが、いい経験になっているからね。

Q— オーストラリアではフロントウイングが3回も外れてしまいましたが、問題は解決したのでしょうか?
可夢偉
フロントウイングが3回ゆるんだと思ったんだけど…(笑)。フロントウイング自体には問題がなく、1回目(フリー走行)は僕のミスだった。高速コーナーでパイロンにぶつかってしまったんだ。修理したけれどが、たぶんコミュニケーションにも問題があって、完全に直っていなかった。フロントウイング全体を交換しなかったために、それでまたフロントウイングに問題が出た(脱落してしまった)のだと思う。3回目(レースの1周目)は、おそらくどこかで他のマシンと接触したためだ。たいしたクラッシュではなかったけれど、少しだけぶつけてしまったのかもしれない。たぶんスタート直後に(ビタリー)ペトロフと接触したか、3コーナーでトニオ(リウッツィ)とも当たっていたのかも。そのため、ストレートでフロントウイングが外れてしまった。ドライバーとしては、どうしようないことだ。対策としては、ウイングを強化することぐらいしかないね。
 
*BMWザウバーは、C29フロントウィングに強化ステーを入れて、ドライバーの不安を解消する改良を行なっているという。

【翻訳:Shigehiro Kondo】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER