F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   FIAとFOTA、合意ならず

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

FIAとFOTA、合意ならず

090516MM.jpg

FIAが独断で決定した、来期から導入予定のチームの年間予算案について、FIAとFOTA(全チームからなる組織)の会合が、15日(金)にイギリスのヒースローで行われた。

会合にはFIAのマックス・モズレー会長と、F1の最高権威であるバーニー・エクレストンも出席。FOTA側は、各チームの首脳陣が出席。議長のルカ・ディ・モンテゼモロ(フェラーリ会長)が父親が亡くなったことにより欠席したため、代わりに副議長のジョン・ハウェット(TMG社長)が務めた。

会合を終えたモズレー会長は、「友好的に会議を進められたが、FOTA側が予算制限に代わるアイデアが出せるかどうか、ということに今回は落ち着いた」とコメント。

「来年、参戦するためのエントリーの期限は変更できないし、安価な予算案を目当てに新規参入してくるチームを不利にさせるわけにもいかない」。

「レギュレーションは、発表されている通りのままにしておくつもりだが、彼らの意見を聞かないというわけではない。FIAとしては、全員が同じレギュレーションのもと、来年のからの予算制限に参加して欲しいと思っている」。

※チームの年間予算案(バジェット・キャップ)
FIAが2010年から導入しようとしている年間予算案は、基本的に4000万ポンド(59億円)を上限とするもの。予算がそれを上回っても問題はないが、限度内に予算を抑えると、現在は制限されている一部の制限が解除され、レースを
有利に戦えることとなる。このように、2つのレギュレーションがF1に存在することに反対しているスクーデリア・フェラーリ、BMWザウバー・F1・チーム、レッドブル・レーシング、パナソニック・トヨタ・レーシングは撤退も辞さない構え。


記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER