F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ブロウンGPの強さと日本–その2【ヴァージンが払った金額】

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ブロウンGPの強さと日本–その2【ヴァージンが払った金額】

090330_mews-deep-5.jpg
この位置からもロゴは見えない。やはり2500万円の対価価値!?

ヴァージン・グループのパートナーシップを得て優勝したブロウンGPだが、ロゴが貼られた位置が気になった。

テレビの画面でも映り難い位置だった。どの写真を見ても、コクピットの前の部分にあるそのロゴに気付かない。そして、プロモーションの専門家はテレビに時々写る絵柄から判断して、「5ミリオンくらい、最大でも10ミリオン」と言った。ドル換算で「5~10億円」と言う意味だ。

しかし、アメリカのサイトでは、”年間契約ではなく、マレーシアまでの2戦だけ。額は1戦2500万円」という愕然の数字がささやかれた。

それを聞いたプロモーションの専門家は、「2500という数字には驚きましたが、それより、ブロンソンはさすがヴァージン・グループの総帥だけあって天才ですね。たった2500万円で、本人がどれだけテレビに映って、何度グループの名前が放送されたか」。

しかし一方で、「問題は、そういう安い金額でF1が勝てると思われること」という心配も出る。「例えばブロウンの活動資金は、実はホンダが払っているといわれていますが、要するに、ヴァージンの資金は、見え難い場所に貼られているロゴに見合ったもの、ということになります。F1は狭い世界なので、仲間に対する気遣いとして、大きく目立つロゴやカラーリングにしなかったという、ブロウンGPの気遣いが見えます」。

年間500億円で勝てなかったチームが、1戦2500万円で勝てる? 旧ホンダとブロウンGPの違いは、エンジンがメルセデスに換ったこと、日本人がいなくなったことだが、本田技研が撤退に当たって、F1社会への波紋を気遣ったようには、残念ながら見えない。
(つづく)

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER