F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   [GP-HOTLINE spcial] 整理しておきたいFIAvsFOTAの根っこ—1/2

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

[GP-HOTLINE spcial] 整理しておきたいFIAvsFOTAの根っこ—1/2

090708_max-2.jpg

(1/2より)
◆”拙速”に過ぎた? FIAとモズレー
羽端恭一(以下、羽端) 自動車メーカーの役割がある、と。
[STINGER / 山口正己(以下[STINGER]) 元々モーターレーシングは、金持ちの遊びから始まっています。その場に”道具としてのクルマを提供する”それが自動車メーカーの役目だった。そういう活動をしているから尊敬もされ、自動車メーカーは仲間として認知された歴史があるわけです。フェラーリはもちろん、ポルシェもBMWもそれからジャガーなんかもそうですね。

羽端
 なるほど。でも、それにしても、木下さんの会見を読んで、これじゃあ、エントラント(参加者)は”やっていけない”なあ!……とは思った(笑)。
[STINGER] 確かにそれは言えてますね。

羽端
 それと、”モノつくり”という観点からいっても、ハイ、来年からは四駆ですよぉ……とか、あまりにも簡単にいわれちゃうのは、ほんと、エンジニアとしては、たまらないでしょうね!
[STINGER] ですね。すでに2010年のマシンデザインは、この時期に始めなければならない。そうそうころころ変えられたのではタマラン、という。

羽端 FOTAにしてもね、このまま”青天井”でF1をやっていっていいのか?……というのは、どこかで考えていたとは思います。ただ、それがモズレーのいうような……?
[STINGER] 確かに最近のやりとりを見ているとモズレー会長の独断と偏見に見える。でもね・・・。

羽端 でも?
[STINGER] 根っこの部分で、チーム側、と言うか、チームのバックにいる自動車メーカーの誤解というか、権利の解釈のズレがある気がするわけです。

羽端 というのは?
[STINGER] 1970年代までは、ル・マン24時間を中心とするスポーツカー世界選手権とF1GPがあって、スポーツカー世界選手権はメイクス選手権、F1GPがドライバーズ選手権だった。F1GPはその流れからして、ドライバーのチャンピオンを決めるシリーズなんです。

羽端 フムフム。
[STINGER] しかし、タバコ広告が禁止になって、資金提供の主体が自動車メーカーになってきた。タバコメーカーは、クルマを造っていませんから(笑)、車両規則にというかハナから興味がない。しかし、自動車メーカーは、ついつい口出ししたくなる。

羽端
 ……おお、なるほどね!
[STINGER] で、元々ドライバーズ選手権のためにクルマを提供していたコンストラクターと、エンジンを提供していた自動車メーカーという不文律というか、暗黙の了解が少しずつ崩れていった、と。

羽端 そのへんも、なかなか、一般ファンにはよく”見えない”ところですよね。
[STINGER] 1983年から始まるホンダF1第二期を前にして、当時本田技研の社長だった川本信彦さんが、こんなことを言ってます。「シャシー造りは、コンストラクターの聖域だから、オレたちがしゃしゃり出ちゃ失礼だ」と。

羽端
 そうか、川本さんも、そういうことをおっしゃっているんだ!
[STINGER] しかし、その本田も、それを忘れて第三期後半には、シャシー部門までやりたがりましたけど。それに、我々も、”日本のホンダ”を勝手に期待して声援を送っちゃったから、なんとも言えませんけどね(笑)。

090706_hot-6.jpg羽端 あとね、今回の「FIA vs FOTA」問題で、一番感心したというか「明快だなあ!」と思ったのは、ウイリアムズの行動でしたね。ウチは「F1屋」である、したがって、どんなレギュレーションであれ、いまも、そしてこれからもF1には参戦するという”旗”を、他に先駆けて掲げた。
[STINGER] そういうことです。純然たるレーシングチームという意味でいうと、今はウィリアムズだけかも。

羽端 このチームが搭載したエンジンの歴史って、おもしろいと思うんですよ。
[STINGER] ホンダも積んでいるしその次は、ルノーからBMWですから。

羽端 ……ですよね、そしていまはトヨタ! そして、このチーム(ウイリアムズ)は、仮にすべての自動車メーカーが「F1界」からいなくなっても、昔のフォードDFVか何かを引っ張りだして積んで、しっかりF1レースをやってると思う。
[STINGER] そこなんです。経済状況にも、会社の事情にも左右されず、生涯F1チームである、と言うことですね。

羽端 モズレーがイメージしているF1の”ありよう”に、ひょっとしたら一番近いのがウイリアムズなのかもしれないですね。
[STINGER] と思います。ただし、それが『時流』ということを考えた時に、必ずしも正しいかどうか分からない、と言うのはあるかもしれませんけど。

羽端 ふ〜む、F1は深い!!

【GPホットライン 八王子 〜 西湘】


記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER