F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   GP2アジア第2レース

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

GP2アジア第2レース

090405_GP2-2.jpg

GP2アジア第2レースは、完全ウェット路面でスタートした。

2時のスタート時点で雨は上がっていたが、路面に溜まった雨を飛ばすために、セフティカーに引かれて4周の後、ローリングスタートが切られた。

第一レースのリバーススタートで上位8台が入れ替わっているが、スタートに向かう最終コーナーで、ポールポジションのヴァルセッチとマルドナルドが軽く接触、以後も激しいトップ争いを繰り広げた。

勝ったのは、6番手からスタートしたカンポスGPのペトロフ。やりあうマルドナルドとヴァルセッチの隙を突いて、10ポイントを獲得した。

7番手グリッドからスタートしたポイントリーダーの小林可夢偉は、1周目に13番手に下がったが、その後、果敢に攻め、かつポイント・リーダーらしい冷静なドライビングで次々とオーバーテイクの見せ場を作り6位まで挽回。

しかし、序盤にタイヤを使いすぎたか、最終ラップの最終コーナーのブレーキングで僅かに膨らんだところをペレツに刺されて7位。第2レースでは6位までに与えられるポイントを逃がした。しかし、シリーズ2番手のバルセッチに12点差を付け、依然ポイントリーダーのまま最終戦のバーレーンGPを迎えることになった。

090405time.jpg

グリッドでエンジンがかからず、一端ピットに戻った山本左近は、ピットからのスタートとなったが、エンジンから異音を発しつつレースに加わったが11周で戦列を離れた。

[STINGER]

■GP2アジア第2レース結果
Pos Driver Team Time Laps
1 ペトロフ カンポス 45.41.349 20
2 マルドナルド ART 45.44.263 20
3 ヴァルセッチ ドゥランゴ 45.45.688 20
4 ヌネス ピケGP 45.47.706 20
5 アルフダン Iスポーツ 46.02.888 20
6 ペレツ カンポス 46.05.838 20
7 小林可夢偉 Dams 46.05.871 20

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER