F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   GP2第一レース(金曜日)

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

GP2第一レース(金曜日)

090522_kamui.jpg
スタートで10位にジャンプした小林可夢偉(中央)。

モナコGPのサポートレースとして行なわれるGP2ユーロシリーズは、F1のモナコGPが”中日”となる金曜日の11時30分にスタートした。

予選では、ルノーの肝いり秘蔵っ子ドライバーのロメイン・グロジャンが、2位のペトロフ以下をコンマ5秒近くブッちぎる圧倒的なポールポジション、スタートも上手く決めて、後方集団の混乱を他所にそのままレースをリードした。

一方、日本期待の小林可夢偉は、冬のテストで好タイムを記録した後にルノーから、”調整のため”にエンジン提出を求められ、「戻って来たエンジンはまるで別物」の状態でシーズンイン。開幕戦のスペインGPでは、フリー走行開始早々に、”原因不明の”スターターセンサーの誤作動で1周しかできない憂き目にあっていた。

フランスの日本人バッシングは今に始まったことではないが、それを受けているとしたら小林可夢偉は”要マークのドライバー”としてある意味での注目を集めているわけだが、これを乗越えなければ先が見えてこない。

結局今回のモナコも、フリー走行から本調子を発揮できず、木曜日に行なわれた予選では、同僚のダンブロジオにコンマ7秒遅れの17番手に甘んじた。

スタートで小林可夢偉はそのウップンを晴らすように、1コーナーまでに一気に10位にジャンプ。ただし、モルタラとともに、1コーナーのシケインをミスしていることから、この件をオフィシャルがどう解釈するか。

その後、小林可夢偉は10番手を守っていたが、モナコは事実上追い越しが不可能なため、タイヤ交換のタイミングと、前車のミスを待つしかない。しかし、2台をパスできれば、リバースグリッドのポールポジションが待っている。

小林可夢偉13周目、:トップ10では最初にピットインしてタイヤを交換する作戦に出た。トップ集団は19周目辺りからタイヤ交換に入った。だが、その直後に、小林可夢偉のレースは終わった。ミラボーでインを刺したリッチ(DPR=予選23位)にインを閉められて接触、リタイアとなった。

レースはグロジャンが、タイヤ交換で一端は2番手に下がったもののすぐにトップに戻り、最速ラップを記録してそのままチェッカードフラッグを受けた。

[STINGER] / Yamaguchi Masami

■GP2(モナコGP大会タイカイ第一ダイイチレース結果ケッカ出走シュッソウ25ダイ/45シュウ
順位ジュンイ ドライバー チーム
1    グロジャン カンポス
2    ペトロフ カンポス
3    ディ・グラッシ レーシングEng
4    ヒュルケンバーガー ART
5    ズバー FMSI
6    フィリッペ スーパーノヴァ
小林可夢偉カムイ Dams

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER