F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

GPホットライン 09-15 日本 3/5

091007NGP3.jpg

◆ドライバーを襲った、新舗装のワナ
羽端 ところで、天気では、関東から見ている感じでは、決勝だけが晴れそうなムードもあって・・・。そうすると、雨で予選のグリッドがグシャグシャの順番になって、そしてレースは晴れでということになると、”おもしろすぎる”(笑)レースになるかも、と思ってましたけど、天気の神様は、そこまでのイタズラはしなかった。
[STG]それでも、決勝が晴れることが分かっているなかで、ある意味、金曜日は有効に使える走行ができなかったわけで、その結果として、土曜日のフリー走行でクラッシュが続出して、赤旗が3回も出るという前代未聞の展開になりましたからね。金曜日雨だけで、ある意味十分だった、と。

羽端 ドライでの走行になったら、途端にクラッシュ多発。これ、ブリヂストンの浜島(裕英モータースポーツタイヤ開発総括責任者)さんは、TVのインタビューで、舗装が変わってグリップが変わることを、ちゃんと想定してないのでは、という意味のコメントをしてましたけど。
[STG]私も同感です。というか、現場で浜島さんから聞いたんだけど(笑)。コース路面が新しくなったのは、東コース部分、ざっくり言うと”グランドスタンドから見える区間”です。で、フリー走行3のウェーバー+レッドブルに続いて、予選でブエミ+トロ・ロッソ、コバライネン+マクラーレンがほぼ同じ場所でコースアウトしています。縁石に乗ってコントロールを失ったのが最終的な理由のようですが、新舗装のグリップ感に幻惑されてペースが速すぎた、という見方もできると思います。

羽端 そうか、彼らのスピンは、みんな同じ場所なんですね! 
[STG]おんなじように鈴鹿を攻めてる! 遅ければスピンしないし。

羽端 なるほど。ドライバーがコースを攻略するときのイメージが、あのクラスになると、考えることはみんな一緒ということで。それともうひとつは、「いきなりの鈴鹿」でもちゃんと速い人と、そうでない人がいるということ。アルゲルスォリくんなんかは、単にランボーなだけかもしれないけど(笑)。
[STG]われわれは勝手に、あいつは下手とか遅いとか言ってますけど、以前、鈴木亜久里さんと速いの遅いのを話していたときに、「F1ドライバーで運転が下手な奴なんかいないよ」と言われてしまいました。考えてみたら、全員が世界各国のナショナルチャンピオンなワケだしね。その中の闘いを考えると、アルゲルスォリは確かにミスをしているけれど、たったの19歳ですよ! 問題は、今回のようなことをどう自分のものにしていくか、ということだと思います。

羽端 でも、たとえばフェッテルって、鈴鹿の経験はそんなにはないでしょ? でも、このレベルになると、フリー走行を1時間やっただけで、すぐにサーキットを”把握”しちゃうんだなって・・・。
[STG]彼はちょっと別格(笑)。最近、顔までシューマッハに似ていている気がします(笑)。

羽端 そういえば、顎が出てきたか!?(笑)
[STG]F1ドライバーは、未知のコースでも3周あればレコードラインがみえる、といわれます。実際、レイトンハウスF1チームで活躍したマウリシオ・グージェルミン(ブラジル)は、「2周か3周で大丈夫」、といいながら、「なんでそんなこと聞くの?」と逆に質問されました。彼等にとって当然のことなんだと思います。

羽端 やっぱり! 3周でラインが見える人がF1まで行く!ということか。でも鈴鹿って、F1ドライバーにとっても、相当に「むずかしい」んだろうなとも思いました。攻めると危険だし、かといって、攻めないとタイムは出ない。このあたりは、”F1ルーキー”級のドライバーでは、なかなか”こなせない”部分なんだろうな、とも。

[STG]アロンソが、「鈴鹿はマシンを信頼しきれないと走れない」と言ってます。で、信頼が最も必要なのが、1コーナーの高速での飛び込み部分と、実はクラッシュが続出したデグナーだと。

羽端 信頼というのは、一貴もいってましたね。そして、それに今回は、新舗装と旧舗装の”ワナ”が加わったんだ!
[STG]・・・ですね。

羽端 これは想像ですけど、走るリズムで行くと、鈴鹿って、たぶん、全部のコーナーが”つながってる”感じなんじゃないかな。あるコーナーの走りは、次のコーナーに密接に影響していて、そういう「速く走る」ためのリズムは、どっか一ヵ所でも狂うと、もうダメ、とか。そういうサーキットだから、ドライバーも”燃える”んでしょうね。

【GPホットライン 鈴鹿 - 西湘】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン69ポイント
2位マックス・フェルスタッペン61ポイント
3位ランド・ノリス37ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG101ポイント
2位レッドブル・ホンダ83ポイント
3位マクラーレン53ポイント
more
情報なし