F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   中嶋一貴木曜日会見全録 シンガポールGP

NEWS

中嶋一貴木曜日会見全録 シンガポールGP

090924 nkv.jpg

◆”時差”は調整しているが、しかし……
—-コース、見ました?
中嶋一貴(以下、
一貴) いえ、まだ、これからなんですけど。何ヵ所か変わってるみたいですね。

—-1コーナーがタイトになったとか。
一貴
 そうですか、変わったとは聞いてますけど。

—-いつから、シンガポールへ?
一貴
 日曜日の夜から。

—-じゃあ、時差は?
一貴
 それなりに合わせてますよ、毎日、起きるのは昼過ぎにして。頑張って、夜、起きてます。(午後まで)よく眠れる日と、そうでない日がありますけど(笑)。
でも、明日の朝も、プレジデントとランチがあるんで(ドライバーは)行かなくちゃいけなくて。

—-プレジデント?
一貴
 大統領ですね。公邸というか官邸に、関係者、みんな呼ばれて。だから、寝てられないんですけどね。

—-それはドライバーは全員参加で?
一貴
 去年は、全員いましたね。

◆ここでは、今年前半のチームの「ランク」が戻ってくる!?
—-クルマの方は?
一貴
 ここではアップデートも入りますし、ハイ・ダウンフォースのサーキットということで、今年(ウイリアムズがずっと)いた”位置”で、できれば、それ以上で、レースができるんじゃないかと思ってますね。

—-それはどういう理由で?
一貴
 まず単純に、モンツァ、スパと、いつものダウンフォース・レベルとはかなり違うところで走っていて、それ用のパーツもあったわけですけど。でも今回、また、もとのパーツというか、それまで(モンツァ以前に)走っていたダウンフォース・レベルに戻るので。どのチームも、もとの位置、たとえばバレンシアとか、そこでの位置に戻ると思う。

—-ウイリアムズに限らず、全体が?
一貴
 もとのパッケージに戻る。もちろん、どのチームもアップデートは入ってますけど、それはウチも同じなんで。

—-でも、各チームが拮抗した状態は依然としてつづく?
一貴
 それはそうですね、今年はずっとそうですし。

—-コースの改装で、気になるところは?
一貴
 まだ、これからチェックするので、何ともいえません。全体に、タイトになったという部分が多いようですが、まずはどうなってるのかをちゃんと見てからですね。

—-去年、ここはよかったですよね?
一貴
 そうですね、そのいいフィーリングとクルマのアップデートがうまく合わされば、結果も出せるんじゃないかと思ってますけどね。

—-日曜日から今日まで、ここの暑さには慣れた?
一貴
 いえ、あんまり(笑)。昨日と今日は、ずっと仕事で部屋にいましたので。ただ、気候には身体も慣れてきてると思います。

◆自分がベストだと思うことを、やっていくしかない!
—-今年は「結果」が残ってないということで、周囲から何かいわれてる?
一貴
 まあ、いわれるまでもなく、自分で思ってる部分はありますし(笑)。何が問題でそうなってるのかということも、ある程度、自分で把握してるつもりなんで。いままでより、よくするところはよくして、やっていくしかないので。

—-クルマがやっぱり?
一貴
 クルマという部分もありますし、自分自身の……というところもありますし。自分にできるところはやって行こうと。よくなってきている部分もありますのでね。前回も、それまでの何レースかで課題としてきた部分ができたということもあるので。
でも、焦ってもしょうがないので、そのたび、切り換えて次へということですね。自分がベストだと思うことを、やるしかない……。

—-シンガポールのあとは、直接名古屋へ飛ぶ?
一貴
 いえ、東京で仕事があるので、月曜の朝に(シンガポールを)出て、日本に向かいます。

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン44ポイント
2位マックス・フェルスタッペン43ポイント
3位ランド・ノリス27ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG60ポイント
2位レッドブル・ホンダ53ポイント
3位マクラーレン41ポイント
more
情報なし