F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   オーストラリアGP フリー走行1 中盤

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オーストラリアGP フリー走行1 中盤

100326FP1-2.jpg

<13時07分>
ハミルトン+2マクラーレンが唯一1分30秒台。3つのセクターのすべてで区間ベストを記録している。

<13時09分>
小林可夢偉+23ザウバーが2番手に着ける。ハミルトン+2マクラーレンはタイムを一気に1分28秒台に伸ばした。可夢偉は、左直角コーナーのシケインを引っかけてコントロールを失い、次の見場コーナーでコースオフ。フロントウィングを若干傷めた。

<13時10分>
シューマッハ+3メルセデスが、1分30秒で2番手に。可夢偉の小さなアクシデントで、コースに落ちたパーツを処理するためにレッドフラッグが提示される。

<13時15分>
レッドフラッグが解除。

<13時21分>
ロズベルグ+4メルセデスがトップへ。

<13時25分>
バトン+1マクラーレンがロズベルグ+4メルセデスをモニター最上段から引きずり降ろした。タイムは、1分27秒482。

<13時27分>
ターン3手前で小林可夢偉+23ザウバーのフロントウィングが飛び、BMWザウバーはターン3を曲がれずにグラベルに飛び出した。即座にレッドフラッグ。開始10分前にフロントウィングを破損してピットで修復したが、接続が完全ではなかったか。可夢偉は、二度、赤旗の原因になった。パーツが外れるトラブルは、あまり歓迎できない。

[STINGER]
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER