F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   オーストラリアGP 決勝 序盤

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

オーストラリアGP 決勝 序盤

100328_befor-start.jpg

<16時40分>
スタートを15分後に控えて、ピットスタートのイスパニアの2台を除く全車がグリッドに着いた。アロンソ/8フェラーリ、デ・ラ・ロサ/22ザウバー、そして小林可夢偉/23ザウバーは、ピットロードを通過して、2周の確認走行を行った。他は、1周だけでグリッドに着いている。

BMWザウバーの2台は、さらなるセットアップを見つけたか。そしてF.アロンソは、レース朝のウォームアップでセッティングを大きく変えてアイルトン・セナを翻弄した全盛期のアラン・プロストを思い起こさせている。予選後にセッティングは変えられない現代F1だが、秘策があるのかもしれない。

<16時55分>
ハリウッド俳優のジョン・トラボルタがグリッドに向かった。微かに雨が降っている。ドライかウェットか。どのマシンも、空を見上げてタイヤ選択に苦慮している。こうした状況の時は、スタート直後、かなりの確率で雨が降ってくる。強烈なエキゾースト・ノートに空が驚くからとも言われるが、確約はない。

イスパニアの2台はピットロードで待機している。

コースサイドからメルボルン市街を見渡すカメラの画面に水滴が着いている。気温は27℃、路面温度は25℃に下がった。

<17時00分>
シューマッハ/3メルセデスはインターミディエイトを履いている。L.ハミルトンもF.アロンソも。全車が雨にかけた。

2台のイスパニアのマシンをピットロードに残して、22台がグリッドを離れた。1周のフォーメーション・ラップを行くマシンの後方に微かな水煙が上がっている。

<17時03分>
気温は26℃、路面温度は23℃。クリーンサイドの左側からスタートするフェッテル/5レッドブル。ダーティサイドのウェバー/6レッドブルと、アロンソ/8フェラーリの1コーナーの攻防はいかに。小林可夢偉/23ザウバーはうまくジャンプを決めるか。

<17時04分>
予想とまったく逆のことが起きた。アロンソ/8フェラーリがスタートにしくじり、1コーナーでスピン! バトン/1マクラーレンと接触したのだ。回転しながらシューマッハ/3メルセデスのフロントウィングを弾いた。

逆にスタート決めたマッサ/7フェラーリが、フェッテル/5レッドブルに次ぐ2番手に上る。

後方では大混乱がおきていた。ブエミ/16トロ・ロッソとフルケンベルグ/10ウィリアムズ、小林可夢偉/23ザウバー、トゥルーリ/18ロータスが消えた。小林可夢偉のザウバーは、何らかの原因でコースを外れて空を飛び、マシンは全壊状態になった。

<17時05分>
セーフティ・カーがコースイン。シューマッハ/3メルセデスがピットインしてノーズを交換する。バトン/1マクラーレンもピットイン。

<17時13分>
セーフティ・カーがピンコースを外れ、レースが再開した。
1. フェッテル/5レッドブル
2. マッサ/7フェラーリ
3. ウェバー/6レッドブル
4. クビツァ/11ルノー
5. ロズベルグ/4メルセデス
6. バトン/1マクラーレン
7. ハミルトン/2マクラーレン
8. スーティル/14 Fインディア
9. バリチェロ/9ウィリアムズ
10.V.ペトロフ/12ルノー
11.デ・ラ・ロサ/22ザウバー
12.リウッツィ/15 Fインディア
13.アルゲルスォリ/17トロ・ロッソ
14.セナ/21イスパニア
15.コバライネン/19ロータス
16.チャンドック/20イスパニア
17.グロック/24ヴァージン
18.アロンソ/8フェラーリ
19.ディ・グラッシ/25ヴァージン
20.シューマッハ/3メルセデス

<17時16分>
最後尾のシューマッハ/3メルセデスがセナ/21イスパニアとバトル。B.セナ譲らず。

<17時17分>
バトン/1マクラーレンがスリックにタイヤを交換する。

<17時21分>
続々と上位陣がピットにスリックタイヤを求める。コースはほほドライ状態。気温は25℃、路面温度は23℃。

<17時23分>
ペトロフ/12ルノーがターン3のグラベルに飛び出してレースを終える。

<17時24分>
トップに立っていたウェバー/6レッドブルがスリックタイヤに交換。レースに戻った直後にコースをはみ出してマッサ/7フェラーリにポジションを奪われる。さらにハミルトン/2マクラーレンの執拗な圧力を受けている。

<17時26分>
3つのセクターは、フェッテル/5レッドブル、フェッテル/5レッドブル、バトン/1マクラーレンが区間最速。

<17時27分>
全車がタイヤ交換を終えた順位は、フェッテル/5レッドブル、バトン/1マクラーレン、クビツァ/11ルノー、ロズベルグ/4メルセデス、マッサ/7フェラーリ、ウェバー/6レッドブル、ハミルトン/2マクラーレン、バリチェロ/9ウィリアムズ、デ・ラ・ロサ/22ザウバーがトップ10。

<17時28分>
アロンソ/8フェラーリがデ・ラ・ロサ/22ザウバーから10位を奪う。

<17時29分>
スーティル/14 Fインディアがピットガレージでマシンを停める。

<17時30分>
アロンソ/8フェラーリがバリチェロ/9ウィリアムズを仕留める。現在9番手。前を行くハミルトン/2マクラーレンとの差は6秒。トップのフェッテル/5レッドブルとの差は18秒。

再び雨がカメラのレンズを濡らし始めた。

[STINGER]

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER