F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   バーレーンGP フリー走行2 序盤

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

バーレーンGP フリー走行2 序盤

100312FP2-1.jpg

<14時00分>
気温33℃、路面温度48℃。まだまだどちらも上昇しそうな状況の中でフリー走行2がスタートした。アルゲルスォリ+17トロ・ロッソ、V.ペトロフ+12ルノーに続いて小林可夢偉+23ザウバーがウェバー+6レッドブルを引き連れる形でコースへ。小林可夢偉+23ザウバーは、午前中の不具合を解消しているのだろうか。

<14時03分>
トゥルーリ+18ロータス、リウッツィ+15 Fインディア、コバライネン+19ロータス、フェッテル+5レッドブル、ディ・グラッシ+25ヴァージンが走行を開始する。多くは、午前中のフリー走行1で思ったようなプログラムを進められなかった組み合わせだ。

アルゲルスォリ+17トロ・ロッソが、まずは2分02秒のタイムをモニターに記録した。

<14時06分>
小林可夢偉+23ザウバーが2分2秒台から周回を開始する。リウッツィ+15 Fインディアが、3つのセクターのすべてで区間ベストを記録して、早くも1分58秒台へ。

<14時07分>
バトン+1マクラーレンとマッサ+7フェラーリがコースイン。バトン+1マクラーレンは、いきなりセクター1と2の区間ベストを更新して、1分56秒台に入れた。小林可夢偉+23ザウバーは、連続走行を続けているが、タイムは2分2秒台から進まない。

<14時11分>
フルケンべルグ+10ウィリアムズがバトン+1マクラーレンをコンマ2秒上回ってトップに立った。直後にハミルトン+2マクラーレンが首位奪還。3つの区間ベストは、J.バトン、L.ハミルトン、L.ハミルトン。

<14時14分>
フルケンベルグ+10ウィリアムズのマシンからパーツが飛んだ。

<14時16分>
ロズベルグ+4メルセデスが、1分55秒555と綺麗に数字を並べて、ハミルトン+2マクラーレンをコンマ5秒上回るダントツのタイムを記録した。

<14時18分>
小林可夢偉+23ザウバーは、周回数を8に伸ばしたが、タイムは2分2秒台で15番手。青空に変わりはないが、若干、陽ざしが弱まって、気温33℃、路面温度47℃と、共にかすかに下がっている。

<14時22分>
フェッテル+5レッドブルが最終コーナーを曲がれずにランオフエリアに飛び出した。コースに戻ってそのままピットインする。

<14時26分>
シューマッハ+3メルセデスが3番手にタイムを上げた。ロズベルグ+4メルセデスをトップに、メルセデスとマクラーレンが互い違いにトップ4を形勢している。ただし、M.シューマッハとN.ロズベルグの差はやく1秒。

[STINGER]
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER