F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   カナダGP 決勝 序盤

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

カナダGP 決勝 序盤

100614CGP-1.jpg

<12時00分>
24台がゆっくりとグリッドを離れ、フォーメーション・ラップが始まった。気温は25℃、路面温度は38℃に上がっている。高い気温は同影響するのか。ポール・ポジションのハミルトン/2マクラーレンは柔らかいタイヤをチョイスしているから、重い燃料で厳しい闘いになるかもしれない。

いずれにしても、 柔らかい方のタイヤをいかにもたせるかが、全員にとって大きなテーマだ。いや、ハードタイヤも、「楽ではない」とブリヂストンの浜島裕英モータースポーツ・タイヤ開発総括責任者は証言している。「何がおきてもおかしくない」(浜島部長)との昨日のコメントは、気象状況の変化でさらに加速させる可能性がある。

<12時01分>
各コーナーのスタンドはすべて満員。2年ぶりのF1GP復活を待ちわびたファンは、自由席にも溢れている。

<12時02分>
シューマッハ/3メルセデスが前との間隔を明けて激しくタイヤを暖めながらグリッドに向かった。

<12時03分>
F.マッサがスピン、リウッツィ/15 Fインディアを巻き込んだ。小林可夢偉/23ザウバーはしてやったり! この混乱を冷静に見て10番手に上った。

<12時04分>
しかし、可夢偉は最終シケインでウィリアムズに押し出されるかっこうで縁石で弾かれ、コンクリート・ウォールの餌食になった。

<12時06分>
ハミルトン/2マクラーレンが専攻し、フェッテル/5レッドブルが追っている。ややあってアロンソ/8フェラーリが続き、再び間隔を開けて、バトン/1マクラーレンにウェバー/6レッドブルとクビツァ/11ルノーがくらいついている。二人にJ.バトンがフタをしているかっこうだ。

その後方からスーティル/14 Fインディア、シューマッハ/3メルセデス、フルケンべルグ/10ウィリアムズが連なっている。

<12時09分>
3コーナーからの立ち上がりで、ウェバー/6レッドブルがバトン/1マクラーレンをパス。クビツァ/11ルノーもバトン/1マクラーレンに仕掛ける。ペースは明らかにクビツァ/11ルノーが上に見える。

<12時11分>
フェッテル/5レッドブルが激しくハミルトン/2マクラーレンをつついている。バトン/1マクラーレンがピットイン。

<12時11分>
ハミルトン/2マクラーレンはやはり、重い燃料の柔らかいタイヤにてこずっている。6周目に早々にピットイン。アロンソ/8フェラーリも同時にピットを訪れ、ピットロードを並走。アロンソ/8フェラーリが先にコースにもどってスタンドから拍手が沸いた。

<12時14分>
フルケンべルグ/10ウィリアムズがスーティル/14 Fインディアに追突。

<12時15分>
クビツァ/11ルノーがピットイン。タイヤを交換する。

<12時18分>
バトン/1マクラーレンがファステスト・ラップ。区間ベストは、それぞれ、マッサ/7フェラーリ、バトン/1マクラーレンハミルトン/2マクラーレンが記録している。

<12時19分>
シューマッハ/3メルセデスがピットでタイヤを交換。クビツァ/11ルノーの前でコースに戻り、2コーナーから3コーナーへのか即で横に並んだクビツァ/11ルノーを右に追い出し、3コーナーシケインを並んで不通過。シューマッハ/3メルセデスが強引に前に出る。

<12時22分>
14周目、フェッテル/5レッドブルがピットイン。4位でコースに戻る。ブエミが暫定トップに立った。シューマッハ/3メルセデスが再びピットへ。

<12時23分>
ブエミにひっかかったアロンソ/8フェラーリをハミルトン/2マクラーレンがヘアピンからの立ち上がり加速で追いついて、最終シケイン手前でパス。

<12時27分>
シューマッハ/3メルセデスがアルゲルスォリ/17トロ・ロッソとバトルを展開するという珍しい光景になっている。

トップはハミルトン/2マクラーレン。アロンソ/8フェラーリがピッタリとマークしている。9番手にいるロズベルグ/4メルセデスがファステスト・ラップを記録した。

<12時30分>
20周を終了した時点のオーダーは以下の通り。
1. ハミルトン/2マクラーレン
2. アロンソ/8フェラーリ
3. バトン/1マクラーレン
4. フェッテル/5レッドブル
5. ウェバー/6レッドブル
6. クビツァ/11ルノー
7. スーティル/14 Fインディア
8. ブエミ/16トロ・ロッソ
9. ロズベルグ/4メルセデス
10.フルケンべルグ/10ウィリアムズ
11.アルゲルスォリ/17トロ・ロッソ
12.シューマッハ/3メルセデス
13.リウッツィ/15 Fインディア
14.マッサ/7フェラーリ
15.コバライネン/19ロータス
16.デ・ラ・ロサ/22ザウバー
17.トゥルーリ/18ロータス
18.バリチェロ/9ウィリアムズ
19.ディ・グラッシ/25ヴァージン
20.チャンドック/20イスパニア
21.グロック/24ヴァージン
22.ペトロフ/12ルノー

小林可夢偉/23ザウバーとセナ/21イスパニアはレースを終えている。

[STINGER]
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER