F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   マレーシアGP 決勝トップ3記者会見 マーク・ウェバー

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

マレーシアGP 決勝トップ3記者会見 マーク・ウェバー

100404T3-2.jpg

◆2位 マーク・ウェバー
「スタート前のグリッドでクリスチャン・ホーナー代表と話した時、”二人に任せる”と言ってくれたんだ。だから僕らは、自分たちの裁量で戦った。スタートではちょっとホイールスピン量が多くて、セブ(フェッテルの愛称)にすぐに後ろに付かれた。1コーナーのブレーキングは本当に限界ギリギリの、きわどいものだったね。2コーナーの立ち上がりは僕の方が優位に立ったんだけど、前に出ることはできなかった。セブとのバトルは、4コーナーまで続いたよ。こんなふうにオープンに戦える僕らのチームは、本当に素晴らしい。セブとはいっさいの妥協なしにやり合ったし、その結果彼が勝った。今日の勝利は、セブにこそふさわしいよ」。

「ホイールナットが外れなかった時は、永遠の長さに感じたね。今年のピット作業はあっという間なだけに、よけいそうだった。ひたすら待って待って、ようやくコースに出て行ったら、(ルイス・)ハミルトンの後ろだった。でもすぐに本来の位置に復帰できて、あとはひたすらチェッカーを目指すだけだった」。

「今週末の僕らのクルマは、本当に速かった。特に予選では、あのむずかしいコンディションでも、2台揃って素晴らしい走りができたしね」。

【柴田久仁夫】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER