F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   マレーシアGP 決勝トップ3記者会見 ニコ・ロズベルグ

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

マレーシアGP 決勝トップ3記者会見 ニコ・ロズベルグ

100404T3-3.jpg

◆3位 ニコ・ロズベルグ
「スタートは、あまり良くなかったんだ。ホイールスピンさせ過ぎて、すぐに順位を落としてしまったよ。3番手で前の2台を追ったけど、レッドブルについて行くのは簡単じゃないとすぐにわかったよ。特に最初のスティントは、ソフトタイヤで苦労したしね。どうしてあそこまでてこずったのか、あとで分析しないといけないと思う。重い重量だと、特にリアタイヤが苦しかったね。後ろからロバート(・クビツァ)が迫ってきたのも、計算外だった。ほとんど同じペースで、周回してたし」。

「でもピットインしてハードに履き替えてからは、状況はずっと楽になったよ。あと心配だったのは、(ルイス・)ハミルトンくらいかな。かなり速いはずだし、どれくらいのペースで迫ってきてるのかわからなかったしね。でも結果的に、追い付かれずに済んだ。チームの初表彰台をペトロナスのホームGPで獲得できて、本当にうれしいよ」。

「レッドブルは確かに速いけど、僕らがまったくかなわないとは思わない。チームはペトロナスとメルセデスと旧ブロウンGPが合体して、まだ日が浅いんだ。なのに3戦目で表彰台に上がれたのは、決して悪くない。これからも決して平坦な道じゃないのはわかってるけど、僕らは必ず成し遂げられるはずだ。今日だってレッドブルとは凄い差だと最初は思ったけど、最終的にはコンマ数秒なんだからね」。

【柴田久仁夫】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER