F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   中国GP 予選 トップ3記者会見 マーク・ウェバー

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

中国GP 予選 トップ3記者会見 マーク・ウェバー

10041CGPQ2.jpg

◆予選2位 マーク・ウェバー

Q.チームメイトに4分の1秒遅れという結果を、どう思いますか?
マーク・ウェバー(以下、ウェバー)  「いつもどおり、予選を通じて互いに競り合いながらペースを上げていった。最後にセブ(フェッテルの愛称)が頑張ったということさ。僕も全力をつくしたけど、届かなかった。常に上を目指しているけれど、やはり落ち着くところに落ち着くんだ。今日はセブの方が速かった。それに、フロントローなら問題ないだろう。フリー走行から、ずっと順調だった。飛行機の問題もあって、このレースは準備を整えるだけでたいへんだった。ミルトンキーズの工場も、ルノーも全力でマシンの改善に取り組んでいる。そしてドライバーも互いに切磋琢磨しているというわけだ。今はチームがよく機能しているから、この状態を保つことが大切なんだ。明日は長いレースになるだろう。終ったら、白髪が増えているかもしれないよ」。

Q.タイヤの違いを指摘していましたが、明日もその影響があるでしょうか?
ウェバー 「ここでは、タイヤの性能が少し違うかもしれない。別のサーキットなんだから、すこしずつ理解を深めていく必要があるんだ。昨日は特にタイヤの違いを感じたね。結局はタイヤの問題ではなかったのかもしれない。明日のレースは部分的にドライということもあり得る。結局、タイヤの性能はこれまでと変らないかもしれないよ」。

Q.メルセデスが迫って来なかったことに驚きませんでしたか?
ウェバー 「意外ではなかった。去年からそうだけど、向こうは金曜に目立つようなやり方をしているからね。初日、すごく速くでも土曜はね。そんなに大差がついているわけではないけれど。それより、フェルナンド(・アロンソ)や2台のマクラーレンに勝てたことの方が驚きだった。たぶん、何か問題があったんだろう」。

【翻訳:Shigehiro Kondo】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER