F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   スペインGP 決勝トップ3記者会見 セバスチャン・フェッテル

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

スペインGP 決勝トップ3記者会見 セバスチャン・フェッテル

97973033KR089_F1_Grand_Prix.jpg

◆3位セバスチャン・フェッテル

「スタートは悪くなかったけど、マーク(・ウェバー)をかわせるほどじゃなかったんだ。無用なリスクを冒すつもりもなかったしね。でもその後は、思ったほどはペースが伸びなかった。マークだけは、別世界の速さを見せてる。なのに僕は、もがいてた。どうしてなのか、まったくわからないよ。路面コンディションは確かにあまり良くなくて、全体のペース自体も遅かったけどね。

でもその中でも僕は、周回を重ねるにつれてマークにくっついて行くのが大変になって行って、ルイス(・ハミルトン)を引き離せなくなっていたんだ。明らかに、グリップが不足していたよ。土曜日までとは、まったく違うクルマになってたんだ。(3番手に落ちてから)ルイスの後ろで、ひたすら忍耐だった。そしてハードに履き替えたその時点でも、まだバランス不足は解消されてなかったんだ。それでも路面がだんだんよくなっていって、少しずつペースを上げることができたんだ。その矢先だよ。チェッカーまで15周くらいだったと思うけど、突然左フロントのブレーキが効かなくなったんだ」。

「そんな状態でもリタイヤしないどころか、表彰台に上がれたんだ。幸運以外の何ものでもないと思う。今季はこれで5戦中3回、トラブルに見舞われたことになる。でもだからといって、僕自身ができることは特にないけどね。今日のレースにしても、エンジンをいたわり、タイヤをいたわり、そして何よりブレーキをいたわって、ゴールを目指しただけだった。繰り返すけど、とにかく突然のトラブルだったからね。僕はどうしようもなかったんだ」。

【柴田久仁夫】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER