F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   モナコGP 予選トップ3記者会見 マーク・ウェバー

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

モナコGP 予選トップ3記者会見 マーク・ウェバー

100515top3-1.jpg

◆1位 マーク・ウェバー

Q.スペインでポール・ポジションから優勝し、ここでも予選1位。絶好調ですね?
マーク・ウェバー(以下、ウェバー): 前の週にもじゅうぶんなタイムがでていたか、憶えていない。ちょっと熱くなっているんだろう。かなり速かったとは思うけど。チアラン・ピルビーム(ウェバーのレース・エンジニア)に、ひょっとしたら3〜4周できるかもしれないと言っていたんだ。1周目は順調で、セクター2に入るときガードレールに接触したけど、問題なく走り続けて、次の周に入ることができた。前の周の悪かったところを修正するというのは難しいものだけど、今日はそれが上手くできたんだ。勝ち上がりもスムーズで、今日も走っていて楽しいマシンに仕上がっていたよ。チームの全員が頑張ってくれたおかげさ。ルノー・エンジンを積んだマシンがトップ3を占めたことにも意味がある。正確なドライビングが要求されるモナコで、ポール・ポジションを獲ることかできたのは、ほんとうに素晴らしいね。

Q.明日のレースを占ってください。スタート、コースの混雑、そしてタイヤの使い方など。モナコGPに優勝するチャンスですが?

ウェバー: 明日は気分よく起きられるだろう。長いレースになるよ。コースは狭くて、周回後れの処理も難しいんだ。コース・コンディションがレース中にも変化するから、これまでの経験を活かして戦いたい。見通しは明るく、いい仕事ができるよう全力をつくすつもりさ。チームも全面的にサポートしてくれるハズさ。もちろん、手強い相手もいけど、どこまでやれるか、明日を楽しみにしているよ。

Q.特別に重要なモナコでポール・ポジションを獲った気分はどうですか?
ウェバー: めったにあることではないから、もちろんポール・ポジションはいつ獲っても嬉しいものさ。ここはガードレールが近くて、正確なドライビングを要求されるコースだから、いい仕事かできてよかったよ。Q3が勝負になると思っていたけど、どうやら上手くいったみたいだね。ロバート(クビツァ)もそうだったけど、普通は2度タイムアタックをするんだ。1回だと、失敗が許されないからね。だけど、それだけ多く周回できて、理想的な結果が出せたよ。ここまでずっとポール・ポジションを獲り続けてきたのは、チームにとってもルノーにとっても素晴らしいことだよ。今日は不運に見舞われたドライバーもいるからね。フェルナンド(・アロンソ)はツキがなかった。

Q. 今回はこれまでより低速コーナーがよくなっていたとういことですが?
ウェバー: 去年のシンガポールからマシンが大きく変ったんだ。そしてセブ(フェッテルの愛称)がアブダビで優勝して、僕はブラジルで勝ったんだ。追越しが非常に難しいこのコースで、ポール・ポジションを獲れたことは大きいよ。

Q.今年は徐々に調子を上げているようですが?
ウェバー: いつも向上するよう心がけているんだ。ずいぶん長く走っていたけど、それでもまだ続けているのは、伸びる可能性があると思うからだ。ドライバーは皆そうだろう。去年も手応えがあって、今年は最初こそつまずいたけど、次第によくなってきているんだ。目標が上っているから、厳しい面もあるけど、つねに前を目指して全力をつくしているんだ。前のレースは最高だったし、今日の予選もよかったから、明日の展開が楽しみだよ。もちろん、苦戦しているよりずっといいけどね。マシンの調整も上手くいってるし、優勝を争えるのだから、これほど素晴らしいことはないだろうね。

Q.ここでポール・ポジションを獲ったオーストラリア人は、1967年のジャック・ブラバム以来、勝てば同じブラバムの1959年以来、ということになりますが、往年の国民的英雄と肩を並べる気分はどうですか?
ウェバー: 実感はないけれど、ジャック・ブラバムがいなければ、ここにはいないだろう。父が子供のころからブラバムのファンで、レース、中でもフォーミュラ・カーに興味を持つようになったのも彼がいたからだ。ジャックは伝説的な名ドライバーだし、私自身、ヨーロッパへ渡ってからずいぶん世話になった。ポール・ポジションを獲って彼に続けたのは光栄だし、もしも優勝できたら素晴らしいよ。だけど、それには2時間のレースを戦い抜かなければならないんだ。甘い考えは禁物だけど、もちろん勝つ可能性はある。是非、ジャックに並ぶ結果を出したいね。

Q.これまで、性格の異なるサーキットでずっと最速を維持していますが、その秘訣は何でしょう?
ウェバー: この先はどうなるか、まだ判らない。カナダやモンツァといった、まったく違うコースもあるから。まぁ、モナコに合わせてマシンを作るということはあり得ない。最近のF1サーキットは低速化してるから、特に終盤戦はその傾向が強いね。中には高速コースもあるし。それによって、マシンの特性やタイヤの消耗具合などもまったく違ってくるんだ。今後に向けて、いいベースが出来ていることは間違いないけど、だからといって安心はできないよ。マクラーレンやフェラーリやルノーやメルセデスが、急に力をつけてくる可能性もあるだろうしね。

Q.レッドブルとの新たな契約が合意に達したということですが?
ウェバー: 来年のことを言っているのなら、まだ決まっていないよ。何年も共に頑張ってきた関係だから、急いで結論を出す必要もないだろう。互いにいい関係だと思っているはずだし…。信頼関係はあるから、あとは時間の問題だろうね。

【翻訳:Shigehiro Kondo】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER