F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   モナコGP 決勝トップ3記者会見 セバスチャン・フェッテル

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

モナコGP 決勝トップ3記者会見 セバスチャン・フェッテル

100516TOP-2.jpg

◆2位 セバスチャン・フェッテル

「マーク(・ウェバー)に対しては、特にレース序盤や、セーフティ・カーのあとの再スタートで、ペースに付いて行くことができなかった。どうしてそうなったのか、これから分析する必要があるね。ようやくグリップが回復した頃には、マークは決してはるか先に行ってたわけじゃないにしろ、オーバーテイクを仕掛けるような距離でもなかったんだ」。

「どちらにしても、ここでは抜くのはすごくむずかしいし、それどころかミラーに注意する方が忙しかったよ。ロバート(・クビツァ)のプッシュは、凄かったからね。特に再スタートの時には、引き離すのにとても苦労したよ。でも今日の結果には、満足してる。すごくハッピーさ。今週末に望みうる、最高の結果だったと思う。ここで獲得したポイントが、きっとシーズン終盤に生きてくると信じてるよ」。

「今週末の僕たちは、マシンから最高の性能を引き出せた。それでもマークにかなわなかったのは、何か足りないものがあったからだ、毎レースが、新たなチャレンジだからね。今週末は、そういうことだったということさ。場合によっては、もっとひどい結果になっていた可能性もある。だから今日の2位には、本当に満足してるよ。もちろん勝ちたかったけど、今日はそこまでの速さが発揮できなかった。それだけさ」。

【柴田久仁夫】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER