F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   モナコGP 決勝トップ3記者会見 ロバート・クビツァ

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

モナコGP 決勝トップ3記者会見 ロバート・クビツァ

100516TOP-3.jpg

◆3位 ロバート・クビツァ

「最前列の汚れた路面の方からスタートするのは、いつだって簡単じゃない。それでも僕はうまくこなせる方なんだけど、今日はマーク(・ウェバー)がグリッドから離れるのが、ほんのわずか遅いように見えたんだ。それで抜けると思って、スロットル・オンのタイミングがほんの少し早かったんだね。ホイールスピンさせ過ぎてしまって、セバスチャン(・フェッテル)のドア(進路)を締めようと思った時には、もう遅かったんだ。あとはフェリペ(・マッサ)に抜かれないようにするのが、精いっぱいだったよ」。

「でもそのあとは、セバスチャンのペースに十分付いて行けた。再スタートの時には、むしろ僕の方が速いくらいだった。ところが後半、ブレーキングを失敗して、フロントタイヤに大きなフラットスポットを作ってしまったんだ。凄い振動に見舞われて、緊急ピットインしないといけないかもと覚悟したくらいだったよ。ピットボードも見えないくらいの振動だったんだ」。

「むずかしいレースだったし、3位表彰台には満足してる。誰も僕らが表彰台に上がれるなんて、想像してなかっただろうしね。今のままではまだ、レッドブルやフェラーリ、マクラーレンにはかなわない。でもハンガリーやカナダなら、今日のような強さを発揮できるはずだよ」。

【柴田久仁夫】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER