F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   トルコGP フリー走行3 序盤

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

トルコGP フリー走行3 序盤

CAN6GXS0.jpg

<10時50分>
フリー走行開始まで10分。上空は分厚い雲に覆われたまま。気温も24℃と変わらず、路面温度も26℃で固定している。

雨は来るのか。各チームは、午後の予選と決勝レースを想定したプログラムをどう進めるか、天候の変化を意識しながらのフリー走行がに備えている。

<11時00分>
コバライネン/19ロータスが最初にコースインした。コバライネン/19ロータスは、昨日のフリー走行1で明らかな”進化”を証明している。これまでロータスは、”テールエンダー・グループ”のメンバーだったが、彼らが1分33秒台でひしめく中で、頭ひとつ抜け出す1分31秒台を記録して、”セカンド・グループ”の最後尾が見える場所に食らいついてきた。ちなみに、H.コバライネンのマシンのエンジニアは、去年までTMGに所属した日本人の岩下喜博が担当している。

<11時05分>
ハミルトン/2マクラーレンが、確認のためのインスタレーション・ラップからに出掛け、1周してピットに戻った。この段階でコースに出ていないのは、シューマッハ/3メルセデス、ロズベルグ/4メルセデス、ウェバー/6レッドブルの3台だけになった。

小林可夢偉/23ザウバーも、早々に確認走行を終えている。昨夜のミーティングで、課題だった中低速のグリップ不足は解決したのだろうか。

<11時11分>
どんよりとした空の下で、確認走行のデータが解析され、セッティングの修正作業が行なわれている。コクピットに座ったままのドライバーもいれば、コクピットを離れてリラックスしているドライバーもいる。

<11時12分>
ディ・グラッシ/25ヴァージンが二度目のピットアウト。

<11時15分>
ディ・グラッシ/25ヴァージンが最初に記録したタイムは、1分33秒092。チャンドック/20イスパニアが1分34秒台で続いている。

<11時16分>
ウェバー/6レッドブルがピットを離れた。が、スロー走行。アクセルワークが無反応で作用し
ていないようだ。超スロー走行のまま、ウェバー/6レッドブルはコースを回っている。

昨日の予選でエンジンを壊し、載せ換えた後の初走行のため、原因はマイナートラブルが予測される。

[STINGER]
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン310ポイント
2位シャルル・ルクレール201ポイント
3位セルジオ・ペレス201ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング511ポイント
2位フェラーリ376ポイント
3位メルセデス346ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER