F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

韓国GP 決勝 中盤

CAQFV0PJ.jpg

<16時47分>
レッドブルのピットが頭を抱え、マクラーレンのピットからは拍手が沸いた。ウェバー/6レッドブルはノーポイント。タイトル争いはますます混沌の色を深めた。

<16時48分>
ペトロフ/12ルノー、山本左近/20イスパニア、小林可夢偉/23ザウバー、ディ・グラッシ/25ヴァージン、ブエミ/16トロ・ロッソ、セナ/21イスパニアがピットでタイヤを交換する。
<16時50分>
セーフティ・カーが先導し、フェッテル/5レッドブルがアロンソ/8フェラーリをリードしている。

この時点のオーダーは、以下の通りだ。
1. フェッテル/5レッドブル
2. アロンソ/8フェラーリ
3. ハミルトン/2マクラーレン
4. マッサ/7フェラーリ
5. バトン/1マクラーレン
6. シューマッハ/3メルセデス
7. クビツァ/11ルノー
8. フルケンべルグ/10ウィリアムズ
9. バリチェロ/9ウィリアムズ
10.スーティル/14 Fインディア
11.リウッツィ/15 Fインディア
12.アルゲルスォリ/17トロ・ロッソ
13.グロック/24ヴァージン
14.コバライネン/19ロータス
15.山本左近/20イスパニア
16.ハイドフェルト/22ザウバー
17.小林可夢偉/23ザウバー
18.ペトロフ/12ルノー
19.ディ・グラッシ/25ヴァージン
20.ブエミ/16トロ・ロッソ
21.セナ/21イスパニア
22.トゥルーリ/18ロータス
ウェバー/6レッドブルとロズベルグ/4メルセデスはレースを終えている。

<16時55分>
セーフティ・カーがコースを去り、5分から10分後に軽い雨が来ることが、マクラーレンのピットからJ.バトンに伝えられた。

<16時57分>
フェッテル/5レッドブルが逃げ、アロンソ/8フェラーリにハミルトン/2マクラーレンが照準を合わせている。

セナ/21イスパニアとトゥルーリ/18ロータスが接触、トゥルーリ/18ロータスのフロントウィングがコース上に落ちた。トゥルーリ/18ロータスはピットインしてガレージに入れられた。

<16時59分>
フェッテル/5レッドブルはファステスト・ラップを記録して逃げている。アロンソ/8フェラーリとの差は2.5秒。レースは75%で打ち切られる可能性が高く、そうなると、ポイントは半分になる。つまり、アロンソ/8フェラーリは深追いする必要はないと判断しているのかもしれない。

<17時01分>
小林可夢偉/23ザウバーが山本左近/20イスパニアをパスしたが、オーバーランして際どいところでコースに戻った。

<17時03分>
バトン/1マクラーレンとシューマッハ/3メルセデスが踵を接したバトルを展開している。シューマッハ/3メルセデスは、これをしのいで5番手をキープ。

<17時05分>
ハミルトン/2マクラーレンがファステスト・ラップを更新。バトン/1マクラーレンがピットでタイヤを交換した。

スーティル/14 Fインディアもピットでフレッシュ・タイヤを得てコースに戻った。

ハミルトン/2マクラーレンは、ペトロフ/12ルノー、セナ/21イスパニア、小林可夢偉/23ザウバー、ハイドフェルト/22ザウバーたちの集団の後ろでレースに戻った。
アルゲルスォリ/17トロ・ロッソを追走する小林可夢偉/23ザウバーの目の前でコバライネン/19ロータスがスピン。小林可夢偉/23ザウバーは寸でのところでもらい事故を避けた。
<17時09分>
アロンソ/8フェラーリが更新したファステスト・ラップとフェッテル/5レッドブルが取り返した。二人の差は3.6秒。

<17時10分>
フルケンべルグ/10ウィリアムズがピットイン。アロンソ/8フェラーリが再びファステスト・ラップ。ペトロフ/12ルノーの直後でレースに戻って激しいバトルを始めた。

<17時11分>
小林可夢偉/23ザウバーの目の前で、今度はブエミ/16トロ・ロッソがスピン、グロック/24ヴァージンの横っ腹に激突してレースを終えた。小林可夢偉/23ザウバーはここでも高い回避能力を見せた。

<17時12分>
マッサ/7フェラーリがピットイン。直後にピットインしたクビツァ/11ルノーが、ピットアウトのタイミングを見誤り、ピットインしてきたスーティル/14 Fインディアとニアミス。

セーフティ・カーが入り、フェッテル/5レッドブルとアロンソ/8フェラーリもタイヤを交換した。アロンソ/8フェラーリは右フロントの交換に手間取り、ハミルトン/2マクラーレンに2位を譲ることになった。

この時点のオーダーは以下の通り。
1. フェッテル/5レッドブル
2. ハミルトン/2マクラーレン
3. アロンソ/8フェラーリ
4. マッサ/7フェラーリ
5. シューマッハ/3メルセデス
6. バリチェロ/9ウィリアムズ
7. ペトロフ/12ルノー
8. フルケンべルグ/10ウィリアムズ
9. クビツァ/11ルノー
10.小林可夢偉/23ザウバー
11.リウッツィ/15 Fインディア
12.バトン/1マクラーレン
13.ハイドフェルト/22ザウバー
14.スーティル/14 Fインディア
15.アルゲルスォリ/17トロ・ロッソ
16.セナ/21イスパニア
17.コバライネン/19ロータス
18.山本左近/20イスパニア
6台がレースを終えている。

[STINGER]

r17cowc01.jpg

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more

NOW RACE

オーストリアGP
レッドブルリンク

開催日
2020/07/03〜07/05
(日本時間)