F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   中嶋一貴 ウイリアムズ バーレーンGP(予選後会見全録)

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

中嶋一貴 ウイリアムズ バーレーンGP(予選後会見全録)

090425_kazuki.jpg

「クルマの持っているポテンシャルは引きだせたので、
その意味では、いいクォリファイだったと思います」


◆Q3には進めず、12番手のグリッドに
—-今日の予選、惜しくもQ3進出は逃したが、ただクルマが違うので、ニコに対してコンマ2秒落ちはちょうど勘定が合う?
一貴
 そうですね、そのくらいが(クルマの違いによる)ベース差となってくるので、まあ結果としては悪くなかったと思いますし、クルマのバランス、そして自分の走りもうまく”噛み合って”いたので、内容的には満足できる予選でした。

—-予選では、多くのドライバーが路面のよくなるセッションの終盤に走りたがったこともあって、クリアラップを探すのがむずかしかったのでは?
一貴
 ぼくの場合は、そうしたトラフィック(の混雑)にも影響されることがなく、全体的にもクリーンに行った予選だったので、そういう意味でもよかったと思います。

—-そうした結果のグリッドが6列目で、決勝では、前後合わせて KERS 装着車が周りに4台いるという”場所”ですが?
一貴
 (笑)、いつもとおんなじようなポジションになってしまいましたが、できるだけいいスタートを決めて、1コーナーまでにいい位置に行きたいというしかないですね。

◆クルマの能力を発揮させることはできた!
—-先ほどの「噛み合った」というのは、主にセッティング?
一貴
 コンディションが合ってきたということもあるんですが、クルマあるいはぼく自身についていえば、運転を変えるというか、コースに合わせていろいろと”いじって”きたことが、今回はうまく「噛み合った」のかなということですね。

—-それでもQ2でとどまってしまったが?
一貴 
うーん、クルマのパフォーマンスをずっと見てきて、とくに昨日の練習ではいろいろ足りないなという判断で……。それから考えると(今日は)かなりよくなってますし、(クルマの持てる性能でいえば)いっぱいいっぱいのところまで来ていた(性能を引きだせた)と思うので、そういう意味では、まあしょうがないのかな、と。

090425_kazuki-2.jpg—-じゃあ久々に、上出来の予選だった?
一貴
 そうですね、まあ「12番」は12番なんですけど(笑)、でも、予選としてはうまく行ったと思います。

—-最後のアタックは、最終コーナーでミスった?
一貴
 ギリギリ、勝負かけましたね。ちょっと四輪が(外に)でちゃって……。あそこはどうしても、縁石に乗ると、縁石に引っ張られる感じで(外まで)行っちゃうんで。

—-でも、そういうことができたくらいに、”乗れて”いたということ?
一貴
 そうですね、自分としても、クルマに対しては”いい感触”で走れたし、そういう意味では、いい予選であったと思います。

◆主戦はスーパーソフト・タイヤになる
—-タイヤですけど、主にスーパーソフトで走っていた?
一貴
 プライム(ミディアム)とオプション(スーパーソフト)では、どうしてもオプションの方がタイムがでますし、朝に走ったときも、プライムの感触があまりよくなかったので、それならプライムは使わずに、オプションだけに集中していこうというカタチでしたね。

—-リヤタイヤの性能の”落ち”が来るのは、走行10周くらいで?
一貴
 というか(来るのは)徐々に徐々にですね。オーストラリアや中国のように、タイヤにグレイニングがでるわけではないので、それがでた周でドンとなる(落ちる)というよりは、徐々に……。(走行して)10周過ぎになると、けっこう、バランスは違います。

—-それは、スーパーソフトの場合?
一貴
 いえ、プライムもこういう傾向ということでは同じですね。

—-昨日の段階では、レースではスーパーソフトも使えそうだということでしたが?
一貴
 そうですね、柔らかい(タイヤの)方が、ベースのグリップがよくて、ラップタイムもいいので……。ですから、その(性能の)”落ち幅”を考えつつ(2種の)タイヤをどう使うかですね。

まあ、そのへん、けっこう読みづらい面はあるんですが、でもメインはやっぱり「柔らかい方」になると思います。

—-2種のタイヤのベース・タイムの差は、コンマ6(0.6秒)くらい?
一貴
 そうですね、(コンマ)6、7……。

◆燃料はどのくらい積んでスタートする?
—-今回のスタート・ポジションだと、燃料の積み方というのは迷うところ?
一貴
 迷いますね、いつもながら(笑)。(この位置だと)どうしても1台重いクルマが(周りの)どっかにいたりするので、そうするとレースではそれに引っ張られてしまうし……。まあ、フタを開けてみてどうなるか、ですね。

—-今回は、今年の4つのグランプリでは最もうまく行った予選?
一貴
 まあ、自分のなかで点数を付けるのであれば、一番高いかもしれないですね。点数ですか? 85点くらいは――。

—-もし、最終コーナーでミスしなかったら?
一貴
 いや、(Q3進出は)ちょっときびしいでしょうね。行っても、コバライネンの前、くらいですね。ニコには届かない。

—決勝レースですけど、燃料の搭載は55キロくらいで行けそうですか?
一貴
 55キロって、何周くらい?

—-20周です。3周プラスすると60キロ。
一貴
 ああ……そんなところ、かなあ!(タイヤ交換もあるので)そんなには、引っ張れないですからね。

【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン233ポイント
2位シャルル・ルクレール170ポイント
3位セルジオ・ペレス163ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング396ポイント
2位フェラーリ314ポイント
3位メルセデス270ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER