F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

写真で振り返るベルギーGP

110830belpogya001.jpg
4週間の夏休みが終わり、各ドライバーがリフレッシュしてスパに集結。シーズンも後半戦へ。

110830belpogya001 (2).jpg
F1ドライバーとして母国に凱旋したジェローム・ダンブロジオ。ベルギーGPにベルギー人ドライバーが登場するのは18年ぶり。1993年、当時ジョーダンのティエリー・ブーツェンがドライブして以来となった。

110830belpogya001 (4).jpg
雨のオー・ルージュを責めるドライバーたち。雨でもこの急斜面を220km/hオーバーで駆け抜ける。 

110830belpogya001 (5).jpg
土曜日の夜には「ミハエル・シューマッハ20周年記念パーティ」が開催された。1991年、当時ジョーダンからデビューしたシューマッハは、初戦で予選7番手につける快走をみせ、翌GPからベネトンに移籍し、王者への道を歩み始めた。

110830belpogya001 (6).jpg
レースはドライ・コンディションでスタート。一斉に第1コーナー、ラ・ソースに侵入!オー・ルージュに向けての先陣争いが過熱。 トロロッソのハイメ・アルゲルスアリは、自身最高位となる6番グリッドからのスタートであったが、他車との接触により、1コーナーでレースを終えてしまう。

110830belpogya001 (12).jpg
可夢偉とコンタクトしたルイス・ハミルトンは、コントロールを失い、ガードレールの餌食に。

110830belpogya001 (8).jpg
中段グループでは、ウィリアムズ勢が健闘。マルドナドは10位に入り、12戦目でようやく初ポイントをゲット。

110830belpogya001 (9).jpg
レース終盤、24番グリッドからスタートしたミハエル・シューマッハが猛烈な追い上げでチームメイトの背後に。その後、ロズベルグを攻略し、5位でフィニッシュ。かつての強さを20年目のグランプリで見せてくれた。

110830belpogya001 (11).jpg
レースは、危なげなくレッドブルが1-2フィニッシュ。フェッテルは2度目の王座に向け、大きく前進。 

110830belpogya001 (10).jpg
4戦ぶり、会心のナンバー1!


Photo by Jiri Krenek(from Praha / active pictures)

[まとめ/Atusi Kitami]

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン250ポイント
2位バルテリ・ボッタス188ポイント
3位マックス・フェルスタッペン181ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG438ポイント
2位フェラーリ288ポイント
3位レッドブル244ポイント
more

NEXT RACE

ベルギーGP

開催日
2019/08/30〜09/01
(日本時間)