F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

ブラジルGP決勝 中盤

111128R-2.jpg

<14時32分>
16小林可夢偉/ザウバーは11番手でコースに戻った。

<14時33分>
24グロック/ヴァージンの左リアタイヤが外れてしまい、ストップ。ピットストップでタイヤがはまりきっていない状態でリリースしてしまったことが原因だ。

<14時34分>
1フェッテル/レッドブルがファステストを記録。2番手の2ウェバー/レッドブルに対しては2.8秒の差を付けている。

<14時35分>
3番手の5アロンソ/フェラーリと前を走る2ウェバー/レッドブルとの差は5秒近く開いている。後ろを走る4バトン/マクラーレンとは2.5秒差。

<14時36分>
25周目、2ウェバー/レッドブルが1分17秒フラットに近いタイムでファーステストを記録。ギアボックスにトラブルを抱えるチームメイトを追う。

<14時37分>
コース上にマシンの破片、9セナ/ルノーのフロントウィングの一部が外れてしまった。

<14時38分>
16小林可夢偉/ザウバーは前を走る15ディ・レスタ/Fインディアよりも速いペースで周回をしている。

<14時39分>
2番手の2ウェバー/レッドブルが1フェッテル/レッドブルに近づいてきた。1フェッテル/レッドブルのギアボックストラブルは深刻な状態になってきている。

<14時40分>
12マルドナド/ウィリアムズがストップ。

<14時41分>
30周目の1コーナー、2ウェバー/レッドブルが1フェッテル/レッドブルをパスしトップに浮上した。

<14時42分>
30周終了時点での順位は以下の通り。

1. 2ウェバー/レッドブル
2. 1フェッテル/レッドブル
3. 5アロンソ/フェラーリ
4. 4バトン/マクラーレン
5. 3ハミルトン/マクラーレン
6. 6マッサ/フェラーリ
7. 14スーティル/Fインディア
8. 8ロズベルグ/メルセデス
9. 10ペトロフ/ルノー
10. 15ディ・レスタ/Fインディア
11. 16小林可夢偉/ザウバー
12. 18ブエミ/トロロッソ
13. 17ペレス/ザウバー
14. 19アルゲルスアリ/トロロッソ
15. 11バリチェロ/ウィリアムズ
16. 20コバライネン/ロータス
17. 7シューマッハ/メルセデス
18. 9セナ/ルノー
19. 21トゥルーリ/ロータス
20. 25ダンブロシオ/ヴァージン
21. 23リウッツィ/HRT
22. 22リカルド/HRT

12マルドナド/ウィリアムズと24グロック/ヴァージンはすでにレースを終えている。

<14時43分>
10ペトロフ/ルノーがピットインし、16小林可夢偉/ザウバーは10番手に順位を上げた。

<14時44分>
32周目、4番手を走行していた4バトン/マクラーレンがピットイン、ミディアムタイヤを装着してコースに戻った。

<14時46分>
33周目、トップを走る2ウェバー/レッドブルが1分16秒台のタイムでファステストを記録。2番手の1フェッテル/レッドブルには2秒以上の差を付けている。

<14時47分>
4番手を走行していた3ハミルトン/マクラーレンがピットイン。

<14時48分>
徐々に2ウェバー/レッドブルに離されつつある2番手の1フェッテル/レッドブルだが、後ろを走る5アロンソ/フェラーリとは9秒の差を付けている。

<14時49分>
レースは折り返し地点を迎えた。気温は24度、路面温度は45℃であまり変化はない。

3番手を走る5アロンソ/フェラーリがピットイン、ソフトタイヤを装着してコースに戻る。

<14時50分>
20コバライネン/ロータスのフロントウィングにビニール袋のようなものが引っかかってしまった。

<14時51分>
14スーティル/Fインディアが自己ベストをマークし、1コーナーで15ディ・レスタ/Fインディアをパスする。

<14時52分>
タイヤを交換した5アロンソ/フェラーリがセクター2をベストで通過した。

<14時53分>
39周目、トップを走る2ウェバー/レッドブルがピットイン、ソフトタイヤを装着してコースに戻った。

<14時54分>
39周目、6マッサ/フェラーリを4バトン/マクラーレンがオーバーテイクし4番手に浮上した。

40周目、1フェッテル/レッドブルがピットイン、ソフトタイヤを装着してコースに戻った。

<14時55分>
16小林可夢偉/ザウバーは現在10番手を走行、コンストラクターズ・ランキングを争うトロロッソ勢より前でレースを進めている。

<14時56分>
トップを走る2ウェバー/レッドブルが1分16秒台前半のタイムでファステストを記録。

<14時57分>
9番手を走る15ディ・レスタ/Fインディアがピットイン、16小林可夢偉/ザウバーが9番手に浮上した。

<14時58分>
42周目、3ハミルトン/マクラーレンがDRSを使い6マッサ/フェラーリに迫る。6マッサ/フェラーリはタイヤが辛そうだ。今シーズン何度となく接触を繰り返した2人だが、接触は避けてもらいたい。

<14時59分>
ギアボックスにトラブルを抱えている1フェッテル/レッドブルだが、3番手の5アロンソ/フェラーリに対しては8秒弱の差を付け走行を続けている。

<15時00分>
44周目、16小林可夢偉/ザウバーがピットイン、ミディアムタイヤを装着してコースに戻った。

<15時01分>
3ハミルトン/マクラーレンがピットイン、ミディアムタイヤでコースに向かう。

<15時02分>
1フェッテル/レッドブルがセクター2をベストで通過し、ファステストを記録した。

111125blazcir001.jpg

DRS計測開始位置からDRS使用可能位置の間で前車の約1秒以内にいればDRSが使用可能。DRSは、DRS使用可能位置からブレーキを踏むまで使用できる。
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン69ポイント
2位マックス・フェルスタッペン61ポイント
3位ランド・ノリス37ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG101ポイント
2位レッドブル・ホンダ83ポイント
3位マクラーレン53ポイント
more
情報なし