F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ブロウンGP、来期のマシン開発開始

NEWS

ブロウンGP、来期のマシン開発開始

090617BGP.jpg

ブロウンGP・フォーミュラ ワン・チームのロス・ブロウン代表は、来期のF1のエントリーに条件付でエントリーしているものの、年間予算案の問題は解決できると見越して、2010年仕様のマシン開発に取り掛かった。

「我々は、来年もF1にいるだろう。FIAとチームが合意してくれることを願っているし、まだチャンスはある。だから解決策が見つかると思っている」。

「それに、私はシリーズの分裂を望んでいないし、我々はF1以外の選択肢は考えていない」。

※F1参戦チームの年間予算案(バジェット・キャップ)
FIAが2010年から導入する年間予算案は、基本的に4000万ポンド
(59億円)を上限とするもの。予算がそれを上回っても問題はないが、限度内に予算を抑えると、現在は制限されている一部の制限が解除され、レースを
有利に戦えることとなる。このように、2つのレギュレーションがF1に存在することに反対しているスクーデリア・フェラーリ、BMWザウバー・F1・チー
ム、レッドブル・レーシング、パナソニック・トヨタ・レーシングは撤退する意思を見せていたものの、FOTA(全チームからなる組織)は、条件付で
2010年のチャンピオンシップにエントリーした。この問題はまだ解決していないため、今後の動向に注目が集まっている。

なお、AT&T・ウィリアムズとフォース・インディア・F1・チームは、FIAの予算案に合意、無条件でエントリーを申請した。また、新チーム枠にはカンポス・グランプリ、マノー・グランプリ、チームUSF1が収まった。


記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン284ポイント
2位バルテリ・ボッタス221ポイント
3位マックス・フェルスタッペン185ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG505ポイント
2位フェラーリ351ポイント
3位レッドブル266ポイント
more

NEXT RACE

シンガポールGP
マリーナ・ベイ市街地サーキット

開催日
2019/09/20〜09/22
(日本時間)