F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   中国GP 予選Q1

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

中国GP 予選Q1

100416Q1.jpg

<14時00分>
気温20℃、路面温度30℃。雲が薄くなり、太陽がまぶしく照らすコースに、まずトゥルーリ/18ロータス、続いてコバライネン/19ロータスのグリーンのロータスが出て行った。

<14時02分>
2台のロータスは、そのまま連続周回に入る。コバライネン/19ロータスが、ターン6で突然振らついてスピン。コースに戻るが、リズムを大きく崩した。下位チームにとってこうしたリズムをつかんでおくことは重要だ。

<14時03分>
トゥルーリ/18ロータスが最初に記録したタイムは、1分40秒台。マッサ/7フェラーリがアタックに入り、1分36秒997を記録。アロンソ/8フェラーリがコンマ1秒上回る。

<14時05分>
クビツァ/11ルノーが2番手に。可夢偉(カムイ=小林可夢偉)は6番手。

<14時07分>
チャンドック/20イスパニアがターン13でスピン。バトン/1マクラーレンが2番手を記録する。

<14時09分>
アロンソ/8フェラーリ、クビツァ/11ルノー、マッサ/7フェラーリ、バトン/1マクラーレン、スーティル/14 Fインディア、シューマッハ/3メルセデス、フルケンべルグ/10ウィリアムズ、ブエミ/16トロ・ロッソ、小林可夢偉/23ザウバーがトップ10。デ・ラ・ロサ/22ザウバーは14番手。

<14時10分>
ハミルトン/2マクラーレンがアロンソ/8フェラーリをコンマ3秒抑えてトップに立った。バトン/1マクラーレンはさらにそのコンマ2秒後方の3番手。

<14時12分>
デ・ラ・ロサ/22ザウバーがコースオフ。すぐにコースに戻った。

<14時13分>
1周しかできていなかったフェッテル/5レッドブルがアタック開始。まずは6番手を記録する。同時にウェバー/6レッドブルがハミルトン/2マクラーレンに次ぐ2番手へ。

昨日、下位タイムに終わっていたウィリアムズが、不気味なタイムの出し方をして、現在、N.フルケンべルグ11番手、R.バリチェロ12番手。元々中国は得意ではないコースだが、秘策があるのかもしれない。

<14時16分>
小林可夢偉/23ザウバーは、16番手まで下がっている。デ・ラ・ロサ/22ザウバーが18番手。可夢偉、アルゲルスォリ/17トロ・ロッソ、デ・ラ・ロサ/22ザウバーがQ2進出のボーダーラインにいる。

[STINGER]
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER