F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   トルコGP 予選Q2

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

トルコGP 予選Q2

100529Q2.jpg

<14時27分>
Q2開始を告げるグリーンライトON。

<14時30分>
クビツァ/11ルノーが1分27秒766で機先を制する。が、フェッテル/5レッドブルが軽々とそれを越え、ウェバー/6レッドブルも続いた。さらにハミルトン/2マクラーレンがタイムを更新。激しいタイム合戦が展開している。

<14時32分>
トップ10には1分27秒台が並んでいる。小林可夢偉/23ザウバーがアタック開始。

<14時34分>
小林可夢偉/23ザウバーのアタックを国際映像が追い、可夢偉(カムイ=小林可夢偉)は期待に答えて9番手のタイムを記録した。1分27秒544は、スーティル/14 Fインディアを越え、同じエンジンを積むマッサ/7フェラーリに1/100秒の、ザウバーとしては完璧なタイムだ。

フェラーリは、F.マッサが8番手、F.アロンソが11番手と苦しい戦い。

<14時40分>
マッサ/7フェラーリが4番手に来た。アロンソ/8フェラーリも続くが、セクター1こそ区間ベストを更新するものの、セクター2のターン8入り口で大きくフラついて12番手。ピットのドメニカリ代表は渋い表情を見せた。

<14時43分>
小林可夢偉/23ザウバーは、さらにタイムを削り取った。順位は変わらないが、9番手を確保。絶望的と思われたQ3進出を”ウデ”で勝ち取った。

<14時47分>
殊勲の可夢偉(カムイ=小林可夢偉)を国際映像がピットで捉えた。プレスルームでも、あちこちから”コバヤシ”の声が聞こえている。各国のラジオ局が、可夢偉の快挙を伝えている。

[STINGER]
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER