F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   トルコGP 予選Q3

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

トルコGP 予選Q3

100529Q3.jpg

<14時50分>
Q3に向けてグリーンライトが点灯、最後の戦いがスタートした。

<14時53分>
渾身の一発を決めたハミルトン/2マクラーレンが1分26秒542でトップ。フェッテル/5レッドブルとバトン/1マクラーレン、シューマッハ/3メルセデスを引き連れている。

<14時55分>
小林可夢偉/23ザウバーが、グリーンのラインが入った柔らかい方のオプション・タイヤを履いてピットを出た。

ウェバー/6レッドブルがハミルトン/2マクラーレンを3/100秒上回ってトップに立つ。

<14時59分>
小林可夢偉/23ザウバーのタイムは、1分28秒台。10番手だ。Q3に進出した他のマシンとのポテンシャルの差を考えれば、ここでリスクを冒す必要はない。まずはタイムを記録して、決勝にタイヤを温存しておくのが得策か。

<15時00分>
最後のアタックに入ったシューマッハ/3メルセデスがターン8でコースオフ!  グラベルに入ってマシンを降りた。

<15時14分>
恒例のトップ3会見で、S.フェッテルは浮かない表情だった。「12コーナーの入り口でフロントタイヤがロックして、ターン14もその影響で大きくタイムロスしてしまった。Q1とQ2でトップだったのにQ3ではそうではなかったから、フラストレーションがたまるよ」。

ここ数戦、流れがポール・ポジションを奪ったチームメイトのM.ウェバーに傾いているだけに、悔しさも一入といったところか。

「明日は長いレースになるだろう」という余裕のコメントを発したM.ウェバーとは、ますます差が開く?!

[STINGER]
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン258ポイント
2位シャルル・ルクレール178ポイント
3位セルジオ・ペレス173ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング431ポイント
2位フェラーリ334ポイント
3位メルセデス304ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER