F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   J.バトンがマクラーレンに決まった理由・・・その2 アブダビ資本

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

J.バトンがマクラーレンに決まった理由・・・その2 アブダビ資本

091118_button-1.jpg
アブダビGP後のバトン。なにやら相談中。

アブダビのアーバル・インベストメントが”メルセデスGP”に資本を提供している。ブロウンGPの取得に要した1億1千万ポンド(約165億円)は、総額の
75.1%となるが、内訳はダイムラーが45.1%、アーバルが30%という。つまり、ダイムラーAG以外で最も発言権が強い株主がアーバルということになる。
さらにアーバルは、ダイムラーAGの株式を9.1%所有しているが、近い将来、これ15%まで延ばすといわれ、ますます発言権を強くしようとしている。

それに対して、”投資はありがたい話だが、オイルダラーのイメージが強すぎるのは何かと都合がよろしくない”という見方もある。”油臭さ”を強くしすぎないために”も、メルセデスの参戦を”ド
イツの期待”として高め、注意をそちらに引きつけておきたい。だから”二人ともドイツ人ドライバー”という協力な『武器』が必要だったのだ。ここでもJ.
バトンは、ブラウンGPでなくてメルセデスGPになった瞬間に、必要のないドライバーになったのだ。

[STINGER] / 山口正己
ページ1 2 3
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER