F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   P.デ・ラ・ロサとの絶妙のコンビネーション

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

P.デ・ラ・ロサとの絶妙のコンビネーション

<Clockwork Kamui—中国GP金曜日の検証>
  *金曜日のデータを元に可夢偉(カムイ=小林可夢偉)を観察。レースをより楽しく観るための情報をどうぞ。

<中国GP>
◆フリー走行1回目(21周)
*気温13-21℃、路面温度21-26℃ 天候曇り
◆フリー走行2回目(33周)
*気温16-17℃、路面温度25-29℃ 天候曇り

◆二人の技量がそろっている
可夢偉は、中国GP初日を順当にこなした。トラブルはまったくナシ。

上海サーキットのスケジュール初日金曜日、午前10時からと午後2時からの1時間半ずつの合計3時間。このフリー走行で、二人のドライバーの技術レベルがそろっていることが明確に確認できた。

フリー走行の結果だけを見ても、フリー走行1が、可夢偉1分38秒375 / P.デ・ラ・ロサ1分38秒421で5/100秒、フリー走行2が、P.デ・ラ・ロサ1分37秒421 / 可夢偉1分37秒431の1/100秒と、ほとんど差がないタイムが記録されている。

さらに、セッション中のタイムの推移を検証しても、二人のタイムのそろい方が見事なくらいだった。このことは、二人の技量が等しいと共に、ドライバーがマシンの能力を出し切っている、ということを意味している。

P.デ・ラ・ロサは、マクラーレンのテストドライバーとして長かったことから、本来のポテンシャルよりも評価が低いが、逆にいえば、マクラーレンがそれだけ手元に置いておいたということは、そのままP.デ・ラ・ロサの能力の評価基準になる。

また、実は、P.デ・ラ・ロサは、やさしい顔をして、ブリヂストンの浜島裕英モータースポーツタイヤ開発総括責任者的に言うところの”一撃”の速さも持っている。そのP.デ・ラ・ロサと、デビューして6戦目のドライバーがまったく同じ仕事ができているのだ。

<フリー走行1 可夢偉全周回タイム>

ラップ数    タイム
01          10:04.011 【PIT】
02          27:45.674
03          1:40.111
04          1:39.389
05          1:44.197
06          1:39.813
07          1:41.779
08          1:38.924
09          1:46.153 【PIT】
10          15:49.359
11          1:38.804
12          1:38.375
13          1:39.029
14          1:38.517
15          1:39.006
16          1:47.325 【PIT】
17          17:00.620
18          1:40.131
19          1:40.662
20          1:39.637
21          2:21.349 【PIT】

最速タイム          1:38.375

◆重目のロングラン
フリー走行2の最後を、可夢偉は13周連続(☆A〜☆B)で走行している。タイムの安定も悪くない。走行ラインを見ていても、スムーズなラインを描いて”巧い”ドライビングを見せている。特に、深く曲がり込んだ上海サーキットの難所のひとつである1コーナーへの進入も、思い切りのよさと、限界を見極めた”スパッ”と切り込む見事なステアリングワークを見せていた。

マシンのバランスは、悪くないようだが、本人に言わせると、ひたすら「グリップが足らない」とのことだ。となると、上海の特徴である、2本の長いストレートが実は曲者。そこでタイムを稼ぐためにダウンフォースを削ると、当然、長く曲がり込む他の部分では不利になる。フリー走行後の会見でも、可夢偉はそのバランスをとるのが難しいことを口にしていた。

◆Fダクトはまずまず

 マレーシアから投入したリヤウィングに風を当てて失速させて最高速を稼ぐ”Fダクト”は、今回はきちんと作動した。しかし可夢偉は、「マレーシアでも今日まではちゃんとしていましたから」と冷静な分析。明日のフリー走行の出来を見て判断したいと言った。

<フリー走行2 可夢偉全周回タイム>  
     
ラップ数    タイム
01          14:02.024
02          1:39.565
03          1:38.704
04          1:39.752
05          1:39.873
06          1:39.848
07          1:37.920
08          1:48.521 【PIT】
09          2:27.120
10          1:37.587
11          1:45.723 【PIT】
12          16:46.892
13          1:38.471
14          1:38.037
15          1:46.815 【PIT】
16          14:58.475
17          1:37.431
18          1:37.752
19          1:45.031 【PIT】
20          8:42.119
21          1:42.346(☆A)
22          1:41.972
23          1:41.802
24          1:43.188
25          1:42.786
26          1:41.679
27          1:41.233
28          1:41.131
29          1:41.979
30          1:41.950
31          1:41.762
32          1:42.072(☆B)
33          1:48.342 【PIT】

最速タイム          1:37.431

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER