F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   モズレーの『ワールド・エンジン』構想

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

モズレーの『ワールド・エンジン』構想

090408BGPE.jpg
ブロウンGPのシャシーに取り付けられたメルセデス製エンジン。

FIAの会長を務めるマックス・モズレーは、FIAが主催するモータースポーツのエンジンを統一する『ワールド・エンジン』の構想を明らかにした。

これは、F1やWRCといった各カテゴリーで、FIAが用意した全チーム共通のエンジンを使用するというもの。モズレーの構想では、F1はターボチャージ仕様の共通エンジンを使用したいと考えている。

モズレーは、2013年からの導入を考えており、「導入まで短い期間だが、今からでも十分間に合いだろう。今はマニュファクチャラーと導入について相談しているところだ」とコメント。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER