F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   中嶋一貴 ウイリアムズ

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

中嶋一貴 ウイリアムズ

090417_kazuki.jpg
「うーん、フィーリングよくないです。各コーナーで、タイムロスしてる……」

  ――――――――――――

◆おかしい! コーナー出口でグリップが得られない!

–今日の走行は?
一貴 うーん、ちょっと、あんまり……(笑)、フィーリング的にはよくないですし、まだまだ……。午前中はタイヤの問題があって、何だかよくわからないまま、終わってしまって。

午後は、タイヤ自体の問題はよくなったと思うんですけど、どうしても……。低速(コーナー)からの出口で、うーん……どうもグリップ感が得られない。それがなかなか、最後まで解決しないまま(セッションが)終わってしまいましたね。

明日に向けて、自分(の走り)で直せる部分と、クルマでよくできる部分と、どっちもあると思うので、何とか、よくしていきたいと思いますけど。

–それは、タイヤがミディアムのとき?
一貴 どちらもですね、ミディアムでもソフトでも――。リヤ(のトラクション)が足りないのは変わらない。

–そういう傾向というのは、これまでの2戦でもあったこと?
一貴 うーん、出口で(トラクションが)っていうのは……。まあ、いままでに2戦しかやってないですけど、どっちかといえば(コーナーの)入り口でどうかということが多かったので、出口でここまで足りないというのは、いままでにない感じですね。

–それは、路面が(タイヤラバーの付着などで)『できて』くれば解決する問題? それとも?
一貴 それは変わるかもしれませんけど。でも(路面がよくなれば)他のドライバーも同じように(グリップが)上がっていくはずなので、だから、解決にはならないですね。

–セクターでいうと、セクター3でとくにその傾向が強いですか?
一貴 おそらく、そうでしょうね。(コーナーでいうと)12、13コーナーと、それから14の出口。どちらも低速コーナーですけど。あとは、2から3コーナーにかけてと、9から10へもそうですね。こうやって挙げてくと、ほとんど、コースの半分になっちゃうんですけど(笑)。……まあ、どうにも、よくないですね。

–問題は、とくに低速からの立ち上がりですか?
一貴 そうです。……ですから、各コーナー、各コーナーで、タイムロスしてますね。

–マレーシアの木曜日に、「ここでのマシンの良し悪しがこの先を決めそう」と言っていました。で、悪くなかった。そこからすると、今日の感触は、『あれ?!』っていう感じ?
一貴 そうですね。どこをどうすればいいのか……という感じですね、いまは。

◆スーパーソフトは、ロングランはキツそうだ
–今回は、クルマのアップデートは?
一貴 アップデートというものは、ないです。いままでと同じ、だからマレーシアと同じクルマですね。

–タイヤですけど、スーパーソフトの感触はどうですか?
一貴 悪くはないですけど、でも、ロングランではちょっとキツイかなという感じですね。だから、レースでは……。ただ、ショート・スティントではいいので、予選なんかでは十分に使えると思います。

–スーパーソフトは10周は保たない?
一貴 そんなような感じですね、はい。

–今日のセッションでは、最後にスーパーソフトで何周くらいいけそうですか?
一貴 ぼくは、3周連続くらいしか走ってないです。ただ、その前のセッションで、短いのと、あとロングランもやったんですけど、まあやっぱり、ちょっとキツかったですね、(ロングの)最後のあたりは。

*ここで担当エンジニアが「カズキ、ミーティングの時間だ」と呼びに来て会見は終わった。中嶋一貴は、早くミーティングで解決策を探したがっていた。

            【STINGER / text by Iemura Hiroaki】

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER