F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   徳永直紀 金曜記者会見

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

徳永直紀 金曜記者会見


CAV5IMIO.jpg

ロータスルノーの副テクニカル・ディレクター。

Q.今日はハイドフェルトにとって、たいへんな1日なってしまいましたね?
徳永直樹(以下、徳永)
確かにそうですね。でも、全体的には得るところの多い初日だったと思います。ハイドフェルトが午前と午後に、合わせて2度もコースアウトしたのは残念でしたけど、さいわいダメージはひどくないです。ノーズがふたつ壊れてしまったぐらいなので。午前と午後でバランスを変えて走らせたので、いいデータが取れました。

Q.朝、アンダーステアを抱えていたということですが、午後までに解消できたのでしょうか?
徳永:
午後にはマシンのバランスが大きく変わっていたのですが、基本的にグリップ不足が問題でした。最後のほうは逆にトラクション不足が出たので、なかなか難しい状況でした。

Q.寒いところと暑いところで走らせて見て、タイヤの評価はどうでしょう。
徳永:
まだ急速に知識を蓄えている段階で、コースやコンディションによって、驚かされることも多いです。ここもこれまでレースやテストで走ったサーキットと条件がずいぶん違うので、レースでどんな特性を示すか予測がつきません。頭が痛いところですね。

Q.それは舗装との関係でしょうか、それとも温度?
徳永:
正確に答えられる人がいたら、教えて欲しいくらいです。今も言いましたとおり、まだピレリと協力して知識を蓄えている段階なので、なんとも言えないですね。

Q.ここまで、素晴しい成果が挙がっていますが、マクラーレンやフェラーリとの開発競争に勝つ自信は?
徳永:
どちらも有力チームなので、とても手強いですが、近年の実績では私たちの開発速度も決して遅くはないです。今年も同じように、強い相手と力比べができると信じています。

Q.2戦連続で表彰台に立ちましたが、この先はどうでしょう?
徳永:
この調子でいきたいものですね。今年のいちばん大きな違いは、マシンが完成した時点の性能でしょうね。これからは、いかにペースを維持するかが重要になります。着実にポイントを獲りながら、上位をキープしていきたいです。

【翻訳:Shigehiro Kondo】
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER